ごろごろコロン♪

新年度が始まり、トレたまの担当曜日が増え、

また、トレたま取材の方法も新しくなりましたが

皆さん、いかがでしょうか?

フェイスブックのコメントも一つ一つ、

大切に読ませていただいています。

ぜひ、感想等ございましたら、お気軽にメッセージを

お寄せくださいね(^^)

フェイスブックはコチラです☆

 

さて、新年度の始まりの週は金曜日

トレたまを担当させていただきました。

 

そんな中、木曜、金曜日のトレたまに共通していたのが・・・

ゴロゴロするトレたま」です。

 

ゴロゴロ、というのは雷ではなく・・・

 

このようにコロンと転がってゴロゴロするという意味です。

4月5日木曜日に取材したトレたまは

その名も「gorori(ごろり)」

寝ながらタブレット端末を操作できるというクッションです。

仰向け、横向き、座りながらと様々な体勢で

だらだらしながら・・・タブレット端末を操作できるという、

まさにぐうたら生活が完成するクッションです!

注目すべきは、私が横向きに寝ているときに

枕になっているこちらの部分です。

ここは、「太もも」をモデルにして作ったんだそうです。

硬すぎてもダメ、柔らかすぎてもダメ、

という程よい触り心地なのですが・・・

これを頬にあてると、なるほど、本当に気持ちよくて、

思わずウトウトとしてしまいそうでした。

 

ファスナーを内側に縫い合わせて肌あたりを良くしたり、

色々とこだわりが詰まっています。

完成までに2年かかり、デザイナーと職人の間で

何度もケンカが繰り広げられたんだそうです。

 

取材の様子はコチラもご覧くださいませ★

 

そして4月5日金曜日に取材したトレたまは

朝から愛知県一宮市に行き・・・

 

 

ベッドにコロン♪そしてゴロゴロ・・・。

 

これは、ベッドの脚の下に設置する・・・

黒い箱形の免震装置を取材しました。

 

この免震装置は、線路が目と鼻の先にあるという

ご家庭で生まれました。

普通電車では揺れないのですが、

線路を通る貨物列車によるベッドの揺れが

マイホームを買った後に分かったというのです。

 

夜寝ているとき、地震かと思って起きたりすることもあり、

睡眠にも悪影響を与えていました。

 

そんな中、特に揺れを気にしている奥様のために

旦那さんが手作りで免震装置を作り始めたのが

きっかけなんだそうです。

素敵な旦那さんですよね。

 

こちらは、黒い箱の中身の試作品です。

中にはビー玉がびっしり詰まっています。

ビー玉だと割れてしまうので実際の商品はベアリングが

入っていますが、この中のボールがコロコロ転がることで

振動を吸収します。

 

この免震装置を付けた状態でベッドに横たわってみると、

貨物列車が通ったことを気づかないくらい、

ゆらゆらゆりかごのようにベッドを揺らしながら

揺れを吸収していました。

 

人から無理矢理動かされる揺れは気になるのですが

自分で動かす揺れというのは、意外と気にならないんですね。

 

取材の様子はコチラです☆

 

 

そうそう、金曜日は名古屋から東京に向かう帰りの新幹線の中で

初めて取材の構成(台本のようなもの)を

書いてみました!

ディレクターの方に添削してもらいましたが

う~ん、、、なかなか、難しいですね・・・。

結果、かなり、添削してもらうことに・・・。

 

毎週のトレたまで日々、勉強、日々進化していけたらと

思います。

よーし、次もがんばるぞっ!