らーめんいけめん○○麺?

2013年 最初の木曜トレたまは「おいしいもの」でした

動画はコチラです☆


毎年 年始に新宿の百貨店でおこなわれている 「駅弁大会」。


いつかは一度行ってみたいなぁと思っていたところ、
「今日のトレたまの現場はここだ!」
ということで、満を持して会場に足を運びました。


見渡す限り、 人!人!人!

活気がある場所に行くと、エネルギーをもらいますよね。



美味しそうな カニづくしの駅弁、 にも長蛇の列。


いろいろ目移りする中、今回注目したのは

「こんな駅弁を実現するのは難しかった」というラーメンの駅弁!!!


ラーメンの 駅弁 = 駅麺   だそうです。

うまい具合にキャッチフレーズつけましたよね。


ラーメン つけめん 僕イケメン 
でおなじみの 狩野英孝さん風にいうと

ラー麺 つけ麺 (今日)駅麺 といったところでしょうか。



手がけたのは、青森で明治25年から駅弁屋を営む吉田屋

この「駅麺」 前例がほぼないとのことで、相当苦労したといいます。

麺が伸びてしまったり
スープがぬるかったり
そのせいで、ゼラチンが溶けなかったり
こぼれそうになったり・・・

試行錯誤してできた作品の出来栄えはズバリ何点か、聞いてみました



去年GTのレースで仙台に行ったときに
はじめて食べた牛タン弁当の構造とほぼ一緒。

紐を引くと、内側が発熱し始めて、8分待つと出来上がりです!


ただ、いざ実食! という8分前に紐を引いたつもりも、

段取りを確認したり、レポートを撮ったりしている間に
予定時間が過ぎてしまうと、麺が少しのびてしまいました。。

それでももちろん十分、
磯の香り漂うおいしいスープを味わえたものの、
肝心な麺の食感のレポートをするためにもう一食。。

麺がのびてしまう前に、チャンスは一回きり!
プレッシャーに弱い、だなんて言っていられません。

結果

本能の赴くままのレポートになってしまいました・・・。
しかも麺をすする音が、思っていた以上に大きい(笑)

吉田屋の社長に
「すべては狩野さんのレポートにかかっているから」

といわれたトレたま、みなさんどうご覧になったでしょうか・・・?

wbs facebook のほうにコメントなどいただけたらとっても嬉しいです♪

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします!