スミスの本棚 『明和電機社長・土佐信道さん』

映画監督・吉田大八さんからのご紹介。

 

明和電機 ・ 取締役社長 土佐信道さんです。

 

( もちろんご存知の方も多いと思いますが )

「明和電機・・?」 という方へ。

普通の企業の社長を想像してはいけませんよ。

明和電機とは、創造的でユニークな楽器を製造し、

それを用いて世界中でライブ活動を行っている

芸術パフォーマンス集団なのです。

 

 

この方が( ↑ ) 土佐さん!

 

トレードマークになっているこのブルーの制服(中小企業風)で、

ライブ活動も行います。

今回のインタビュー場所は、楽器の製作をしている会社の倉庫。

土佐さんの後ろに並んでいるのは、実は全て楽器なんです。

( ドラム・ベース・木琴・ピアニカ・・・本格的な音色が楽しめます )

 

来年20周年を迎える 明和電気。

これまでで一番の売れた商品が、こちら。 

 

『 オタマトーン♪ 』

 

トロンボーンのような奏で方をする電子機器。

大ヒットしました。 ( 口をパクパクさせてビブラート。 )

 

 

自分の哲学を製品に落とし込む、芸術家・クリエーターという一面。

 

それを多くの人に評価してもらい、市場に流通させることに熱をあげる

ビジネスマンという一面も。

 

そんな土佐さんが、

「 生き方を 自分と重ね合わせてしまう・・ まさに師匠。 」

と絶賛するのが、映画監督の ジョージ・ルーカス 。

 

今回お薦めして下さった本は

「スター・ウォーズ」を世に生み出した ジョージ・ルーカスの半生をつづった1冊。

 

 

今でこそ、映画史を塗り替える大ヒットとしてあがめられ

多くの「スター・ウォーズ」信者も存在するという、この映画。

実は・・・

 

「スター・ウォーズ」誕生の裏には、知られざる光や闇があったのです。

ジョージ・ルーカスの驚くべき半生と共に

スターウォーズ誕生までの歴史を ひもといていきます。

 

 

人付き合いが苦手で、引きこもりがちの「漫画オタク」だった少年が、

不良時代に交通事故で、死の危機を体験したその時に、

目的を持って生きることに目覚め

映画を撮ることを決意します。(まるで映画の脚本のようです・・)

 

そこからの、彼の怒涛の突破力は すごいの一言。

先見性のある考察力、判断力、決断、 全てがこの本の見所です。

 

 

『 自分の目的は何か。

  そのためには、何をどのような手段で、成すべきか・・ 』

 

彼の足跡を辿ることは、

これからビジネスを起こそうと考えている若者、

迷いの只中にいる人にとって、きっと大きな示唆を与えてくれると思います。

 

 

特に印象的だったのが

その頃、価値があるとは考えられていなかった「マーチャンダイジング」

キャラクターグッズ、DVD等の版権に注目し、権利を獲得すべく

契約をしっかり結んでいた・・という

ビジネスの先見性。

 

『 ビジネスチャンスやヒットの芽は、

  誰も気がつかない場所にあるんだっていうことを改めて感じた。』(土佐さん)

 

 

先日、「ディズニー」が「ルーカスフィルム」を買収

というニュースが、飛び込んできました。

 

『 自分が創った世界観を、次のシステムに渡し、

  後世もずっと世界に残していけるか・・という次のステップに

  行こうとしているんですよ。 』 (土佐さん)

 

『 なるほど・・』 (森本)

 

『 僕も考えるんです。

  明和電機をどう残すべきか・・。』 (土佐さん)

 

 

これから、ディズニーのプラットフォームの中で

スター・ウォーズが、どのように輝き続けていけるのか。

( 「エピソード7」 製作も既に決定しています )

それから、明和電機の今後の行方からも、目が離せません☆