古代のアイデアマン、シュメール人登場!

毎週日曜日夕方6時30分から放送中の

 

 

「137億年の物語」

 

 

今週のテーマは・・・

 

古代の発明家

シュメール人」についてです。

私の目線の先にも・・・シュメール人が☆

 

今回はティグリス川、ユーフラテス川のそばで栄えた

世界最古の文明・メソポタミア文明について

紐解いていきます。

 

シュメール人は

今からおよそ5500年前、現在のイラクの南部

当時「シュメール」と呼ばれた地域に住んでいました。

 

シュメール人が古代のアイデアマンと呼ばれる理由・・・

それは、「文字」や「60進法」「星座」等々、

今でも使っている様々なものを発明したからなんです!

 

これは、今回登場する粘土板の模型です。

この粘土板に何が書き示されているのか・・・

分かりますか??

 

シュメール人の生活を一緒に学びながら

古代メソポタミア文明のロマンを感じてみてくださいね☆

 

 

 

夏の足音がもうすぐそこまで聞こえてきていますね!

そんな中、寺脇博士からアイスの差し入れが☆

素敵な心遣い、ありがとうございます!

 

HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/137/

ツイッター→https://twitter.com/tv137okunen

 

も、ぜひチェックしてくださいね☆

HPは、コンテンツが日に日にパワーアップしていますよ!