伝説の(?)新馬戦

夏の新潟開催、後半戦がスタート。

8/13今週土曜日、5Rに組まれている新馬戦には注目ですよ!

 

去年のこの週にデビュー勝ちした若駒で、後に春の2冠を達成した馬がいます。
そう、オルフェーヴルです!

 

デビュー戦を勝ったオルフェーヴルですが、ゴールした後も元気が有り余って、池添騎手を振り落とし放馬するアクシデントがありました。
池添騎手が腕を痛そうにしている姿が思い出されますが、その時にはオルフェーヴルが2冠を達成するとはまったく想像できませんでした。

 

さらに、そのレースで2着だったショウナンパルフェは、テレビ東京杯青葉賞で2着に入り、ダービーに出走。

なんとこのレースから2頭もダービーに出走したのです!

 

今年はフルゲートの18頭がスタンバイ。
またこのレースから来年のダービー馬が生まれるかもしれません。
見逃せませんよ!新馬戦の模様は番組内でお伝えする予定ですので、今週もウイニング競馬をお見逃しなく!

 

さて、ウイニング競馬ブログで好評をいただいている(つもりの)「この馬いいんじゃない?」ですが、先週紹介したプティプランセスが見事に勝利しました!


解説者の虎石さんの本命馬ということもあって、ゴール前の大接戦から抜けてきたときには実況しながら大興奮でした!虎石さんも実況席で渾身のガッツポーズ!

 

今週も「この馬いいんじゃない?」という馬を探してみましたが、気になる馬が多くてすごく悩みました。

 

そんな中、1頭だけご紹介。

日曜日の札幌のメインレース、クイーンステークスに出走するアースシンボル。
実は、以前この馬が勝ったレースを実況した時に、間違って「アースサウンド」と言ってしまいました。

それ以来、申し訳ないという気持ちから応援してきたのですが、前走のマーメイドステークスで13頭中13番人気という前評判の低さをひっくり返し、見事3着に入りました。

前回はハンデ戦で52キロという軽い斤量でしたが、今回は別定戦で3キロ重い55キロ。

そのあたりが気にかかるところですが、今回も引き続き応援したいと思います。

 

クイーンステークスの展望もウイニング競馬でたっぷりお送りしますのでお楽しみに!