スミスの本棚 『劇作家、脚本家・平田オリザさん』

アンドロイド研究者・石黒浩さんからの ご紹介


           劇作家で脚本家の 平田オリザさんです。

 

 

「オリザ」という名前は本名ですか?

まずは気になるお名前の話から伺いました。

オリザはラテン語の「稲」という意味で、「食べることに困らないように・・」

という想いが込められているそうです。

 

第一印象からインタビュー後まで 決して変わることがなかった

優しく、穏やかな雰囲気。

しかしオリザさんには、何者も崩すことができない

1本の強い芯が通っていることも、伝わってきます。 

 

リアリティーのある演劇へのこだわりで、数々の賞に輝いています。

2009年の鳩山政権の誕生時には内閣官房参与に任命され、

鳩山総理に演説の手法等について アドバイスしました。

 

間の取りかたから、強調の仕方まで指導したという

鳩山さんの、あの「所信表明演説」。

やはり、これまでの総理の所信表明とは

一味も二味も違うものとして、強く印象に残っています。

 

 

そんな平田さんが 『幼稚園の頃からの愛読書』 

                と紹介してくださった本がこちら。

 

 

    【 どうぶつ会議 】      エーリヒ・ケストナー 著

 

1949年にドイツで刊行された この絵本。

作者のエーリヒ・ケストナーは、

作品の中で、生涯 常に「戦争反対」を訴えてきた作家です。

  

『 子供を守りたい 』

『 平和を愛する気持ちを忘れない 』

『 一番大事なものは、失くしたときに気がつく 』

 

複雑な問題が絡み合うこの世の中において、

そんなストレートなメッセージが、新鮮に響きます。

 

物語は、いっこうに戦争や争いごとをやめない人間たちに

業を煮やした動物たちが、子供たちを守るため

動物会議を開くことを決めるところから 始まります。

 

動物たちは、人間に対して様々な要求を突きつけます。

 

『 戦争・貧困・革命を二度と起こさない 』

『 国境をなくす 』

『 政府と役人の書類を減らす』

『 教員の給料を増やす 』 ・・・     結構、現実的で驚きました(笑)

 

様々な手段を講じて、この要求を受け入れさせることに成功します。

お陰で、世界は平和に、子供たちの未来は守られ、一件落着。

 

ユーモアも交えながら、動物の生態や特徴も 学ぶことができます。

 

50年以上も前に書かれた作品でありながら、

大人たちは、未だに大切なことに気がついていないのかもしれません。

 

争いの無い 平和な世界・・・

 

このメッセージを、子供たちに伝えていかなければいけません。

 

大人にこそ読んでほしい絵本です。