大人の社会見学


都内を走る環状7号線。通称カンナナ。
車の往来激しい、重要な幹線道路の一つだ。


そのカンナナの地下40メートルに降りてきた。
昨今よく聞くゲリラ豪雨などの都市型水害に備えるために、
中野から杉並の区間で4.5キロに渡って貯水池があるのだ。
カンナナは昔からよく使っているけれど、地下に降りたのは初めて。



いざ、潜水艦のハッチのような部分に入ってみると、想像以上に涼しい。
設定気温15度。
今日の東京は猛暑日で、肌がじりじりと焼けるような暑さに
うんざりするくらいだったので、坑内のひんやり感は、ちょっと嬉しい。
と思えたのは途中までで、取材を続けるうちに段々寒くなってしまった!



声がワンワン響くような巨大な真っ暗な空間は
実際の温度以上に背筋がぞくっとするような感じさえ漂っていた。
12メートルという口径は巨大で、一番最近では平成19年に
水がいっぱいになったことがあるそうだ。
梅雨明けの今時期からが集中豪雨が発生しやすいとのことなので
急な天気の変化には気をつけなくては。



この施設、ある程度の人数であれば見学者への対応をして下さるとのこと。
大人の社会見学にオススメ!
この夏、暑さをしのぐには最適かもしれない。