土曜日は助手になります!

毎週土曜日夕方6時から放送している

 

 

「137億年の物語」

 

 

明日の歴史の主人公は・・・

 

3つの宗教の聖地、エルサレムです。

 

私も実際に現地へ取材に行きました!

 

ユダヤ教徒が祈る

「嘆きの壁」

 

 

イエスキリストが葬られたとされる場所に建つ

「聖墳墓教会」

 

 

そして、黄金に輝くイスラム教

「岩のドーム」

 

3つの宗教の聖地が入り組む不思議な都市、エルサレム。

それぞれの宗教はどのようにできたのか?

また、中東問題の根底にあるものについて考えていきます。

 

 

 

こちらは、パレスチナ自治区、ベツレヘムで出会った

イギリスで活動する覆面芸術家、

バンクシーが描いた「Throwing flower」という

花束を投げようとする男性の絵です。

ガソリンスタンドの裏・・・かなり分かりにくいところにあり、

現地の人に聞いてやっと見つけられました。

手りゅう弾や火炎瓶ではなく、花束を・・・

平和への祈りが込められていますね。

 

今まで、この番組で寺脇博士の”助手”として、

様々な歴史の現場へ取材に行かせていただきましたが、

エルサレムは・・・本当に圧倒されました。

 

タイムスリップしたかのような旧市街の遺跡、

祈る人々

そこに漂う、まるで人々の”念”が結集されたような空気・・・。

 

その雰囲気に飲み込まれてしまいそうでした。

 

中東問題の根幹にもなっている

3つの宗教のはじまりを見にいく

歴史の旅へ・・・

一緒に出かけましょう!

 

137億年の物語HPはコチラ

ツイッターはコチラ

フェイスブックはコチラです☆

 

そして、もうひとつ、11月2日(土)には助手のお仕事が・・・

 

 

 

 

BSジャパン

 

田原総一朗の仰天歴史塾

 

ニッポン経営者列伝

 

夜9時から放送されます。

 

こちらでは、田原さんの助手を務めさせていただきます!

 

経営者列伝ということで

第一弾の経営者は

ソニーを創業した一人、

盛田昭夫さんです。

 

今回はビビる大木さんが塾頭、

また6名の大学生とともに考えていきます。

 

また、ゲストに日本経済新聞社から

滝田洋一さんを招いて

時代背景とともに

町工場から世界的な企業となったソニーについて

数々のエピソードとともに迫ります。

 

放送をお楽しみに!

 

仰天歴史塾HPはコチラです☆