スミスの本棚 特別編 『 厚労省 事務次官 ・ 村木厚子さん 』

今回のゲストは 女性としては16年ぶりに

        厚生労働省の事務次官に抜擢された 村木厚子さん

 

村木さんといえば・・・

やはり思い出すのは、2009年の郵便不正事件。

「偽の証明書の作成に関与した」 として逮捕されたましたが

約5ヵ月間の勾留の後、無罪が確定し、厚労省に復職していました。

 

そしてこの7月、事務方のトップに大抜擢というニュース!

『 驚きました。正直 後ずさりしたい気持ちでした・・』 という村木さん。

しかし、これまで後輩たちにも「昇進のオファーがあったら絶対受けなさい」

と進言してきた手前、引き受けることにしたそうです。

 

これまでメディアの取材(特にテレビ)は避けてきた村木さん。

深い理由や信念があるのか、と思いましたが

『普通に通勤したり、スーパーに買い物に行けなくなるのが嫌でね。』

と、微笑みます。

役人=硬いイメージを持っている方も多いと思いますが、

村木さんは、とても物腰も柔らかく、 朗らかで、笑顔が印象的。

周囲の皆が思わず付いていきたくなる、そんなパワーを秘めた方です。

 

何よりも「本」が大好き、という村木さん。

 

164日の勾留期間中にも、約150冊の本を読了しました。

小説・エッセイ・児童文学など、差し入れてもらった本に

夢中になれたことが、精神の安定剤になったと言います。

『 本に救われた。その存在はとても大きかった。』 (村木さん)

 

約150冊の本の中から、今回お薦めしてくださった本が、こちら。

 

      《 花さき山 》     斎藤隆介・作  滝平二郎・絵

児童書の世界ではロングセラーになっている 絵本。

 

主人公の少女、あやは山道で迷ってしまい、ヤマンバと出会います。

そして、こんなことを教えてもらうのです。

「 優しいことをひとつすると、ひとつ花が咲く。

  誰かの為に何かをすると、遠くの山に花が咲いて花さき山になる。」

 

自分のことより人のことを思って、涙をためて辛抱すると

その優しさは、花となって咲く・・

しかし、人を思いやること、辛抱することは

決して見返りを求めることや、自己犠牲を払うことではありません。

心の中に、美しい一輪の花を咲かせる、ただそれだけのこと。

 

簡単なようで、実はとても深いお話。

大人が読んでも胸を打つ、そんな絵本です。

 

社会の中で生きていくことは、人との交わりの中で生きること。

自分の中の一輪の花は、誰かが咲かせてくれたもの、

そして私も、誰かの心の中に花を咲かせながら、生きているのです。

勾留中、知り合いからの手紙に返事が書けなくて悩んでいたとき、

「どんな立場にあっても、人は小さくてもできることがある・・」

それに気づかせてくれたのが、この絵本だったといいます。

 

「私は元気だよ。」 

そんな手紙の返事が、誰かを安心させることにつながるのだと。

 

人は人生の中で、一瞬にして助けてもらわねばならない立場に

陥ることもある。 自分ができないときは遠慮なく助けてもらい、

自分ができる得意なことは、誰かのためにしてあげる・・・

共生社会の中での、原点ともいえる考え方を改めて実感したそうです。

 

 

今回の事件のこと、そして勾留中に読んだ本についても

詳しく書かれた本が こちらです。

いつでも後に続く後輩のことを慮り、様々な言葉を発信している 村木さん。

 

『 あきらめない 』 という その言葉に

村木さんの全てのメッセージがつまっているような気がします。