二酸化炭素を吸収!?

6月8日のトレたまは、
燃やすと二酸化炭素を“吸収する”というラベルでした。


普通、ものが燃えたら
二酸化炭素が“発生する”はずなのに、、
“吸収する”とは、どういうことなのでしょうか?

これはもう、動画を見て頂いた方がわかりやすいです。
ぜひコチラ☆をご覧下さい!


簡単にご説明すると、
CO2吸収剤という特殊な成分が、ラベルの糊の部分に混ぜられているんです。


その効果で、燃やしたときに、
通常、二酸化炭素として放出されるものの一部がラベルに取り込まれ、
気体ではなく、固体の“炭化物”、
つまり炭のような状態になって残るというわけです。


これにより、二酸化炭素の発生量を20%程度抑えられるとのこと。

今後はラベル以外にも、緩衝材やゴミ袋等、
色々なものに、この技術を応用していきたいとのお話でした。


ラベル1つ1つは小さいけれど、
二酸化炭素の排出削減に貢献する、大きな一歩。
立派なエコですね☆

ちりも積もれば山となる!
小さなことからコツコツと!!
ぜひトレンドになって欲しいトレたまでした。