算数・数学をおもしろく♪

たまりにたまったトレたまブログ、
どんなに遅れても、古いものから順番に書いていくつもりでした。
でもコレだけは…先に書かせて下さい!
というのも、期間限定の展示会のトレたまなんです。

また、このタイミングなら、
夏休みの宿題をためにためこんでしまって
焦っている学生さん(他人事とは思えません・笑)にも、
もしかしたら役立つかもしれないので☆


というのは7月20日のトレたま。
算数や数学を体験できる教材がたくさん並んだ展示会でした。
その名もズバリ、『秋山仁の算数・数学おもしろランド』です。


算数や数学を“体験”とは、どういうことなのか。。
まずはコチラの動画をご覧下さい!


ちなみにこちらは、
三平方の定理に関する教材。


三平方の定理とは、
直角三角形の3辺a,b,cのうち、aとbによって直角ができているなら
aの二乗>+<bの二乗>=<cの二乗>という、アレです。

有名な数式ですが、文字だけで見るとなんだかぼんやり…という方も多いかも。
そこで。。

<aの二乗>とは<a×a>、
つまり<一辺の長さがaの正方形の面積>というようにも考えられます。
この教材では、黄色青色のパネルを使って、
透明なアクリル板に書かれた
左上の正方形の面積>と<右上の正方形の面積>の合計が、
下の正方形の面積>と同じ、
ということを印象付けてくれるんです。

数式だけだとぼんやりしていたことも、目で見るという体験を通してスッキリ!
何より面白い!!

…ただ、残念ながらブログだと
このスッキリ感がちゃんとは伝わらない気が。。
結局文字なので、教科書を読む行為に近くなってしまいますものね。
でも、実際“体験”すると、本当に面白いんですよ♪
こういった体験ができる教材が他にもいっぱいありました。


この展示会を企画した、数学者の秋山仁先生とパシャリ☆


放送前、WBSのフェイスブックにこの写真をアップしました。
いつもたくさんのコメント、ありがとうございます!
この時のフェイスブックには、
秋山先生の教え子さんと思われる方々から多くのメッセージが♪
「お世話になりました」
「懐かしい」
「わかりやすかった」
「大好き」
「尊敬する」等々、、
秋山先生が多くの方に慕われていることを改めて感じました。


取材中も、秋山先生は
展示物の1つ1つを丁寧にわかりやすく説明して下さり、
「算数や数学って面白いんだなぁ」と思わせて下さいました♪
トレたまのコーナーは、限られた時間しかないので、
ほんの一部しか放送できないのが、、残念。。

秋山先生、ありがとうございました!


東京理科大学の学生さん達も、
お客さんに丁寧にわかりやすく説明していらっしゃいました。
秋山先生は、いつもいらっしゃるわけではありませんが、
学生さん達が教えてくれるのも、心強いですよね。



机に向かって、ただひたすら試験のために勉強するということも
もちろん必要かもしれません。

でも、やっぱり実際に自分の手で動かしたり目で見たりすると楽しいんです♪
楽しいと、興味を持って、積極的に自分の意志で取り組み、
その取り組む姿勢が、問題解決能力を育てることにもつながるとのこと。
学生さんだけでなく、社会人の方にも役立ちそうですよね。



私が取材に行ったのはⅠ期(7月20日~8月9日)、
今はⅡ期(8月24日~)のため、
展示物が少し変わっている可能性もありますが、
算数・数学が好きだという方はもちろん、
ちょっと苦手だという方も楽しめると思いますよ♪

東京理科大学では、
算数・数学を体験できる今回のトレたまのような施設を
来春あたりにオープンする予定だそうです。
でも、ひとまずこの夏の展示会は9月8日(土)までなので、
興味のある方はぜひ行ってみて下さいね☆
(休館日もあるようなので、お気をつけて!)





さて、
飛ばしてしまったトレたまは、また順番にブログに書いていきますね。
気長にお付き合い頂けたら嬉しいです。

夏休みの宿題をためてしまった学生さ~ん!
お互い、頑張りましょう☆☆☆