ビーチバレーin川崎マリエン

夏です!セミがうなり声をあげています。
夏です!道行く人々がうだっています。
夏です!ビーチバレーなんです!!!


太陽の光をいっぱいに浴びて、灼熱の砂浜を駆ける!
海風を受けながら躍動する選手達。。。


ん?あれ?

目の前には、柵???
奥にはビルがあって・・・。

振り返って見上げると。


ん・・・。
う、海は?



はい。実はですね。
太陽も砂もあって、確かにビーチバレーコートなんですが。
海が、無いんです。ビーチじゃないんですよ、ここは。


ここは、


川崎マリエンという施設内にオープンした常設ビーチスポーツコート。
北京五輪9位の朝日健太郎選手や、浦田聖子選手が川崎市に住んでいて。
そんな縁でビーチバレーのイベントを開いたら、それがたいへん好評でした。
そうしたら、行政が英断を下しました。

常設コートを、造ってしまおう!!



このようにスポーツが地域の財産として根付いていく様を見ると幸せに感じます。
もっともっと、色々な地域で、色々なスポーツで実現されることを願います。



川崎マリエンは、テニスコートやバーベキュー設備などがあったり。
そして2番目の写真の門の形をした建物が、展望台になっていたり。
川崎市の沿岸部にある、コミュニティー施設なのです。
高速のインターも近く、車だと都心部からも行きやすいです。
あ、電車の駅からは、ちょっと遠いですねー。。



2009年8月1日、ビーチバレーの日本ツアー・サテライト大会が開かれました。
この大会が、このコートの杮落としとなり、今後は一般解放もされます。
慢性的に練習場所が不足しているトップ選手も利用するとのこと。



ヨーロッパの大会なんかだと珍しくないそうですが。
やはり、海が無い場所でのビーチバレーは、ちょっと不思議な光景。

ちなみにこの写真は、大会初日後、翌日に備えて練習している選手達。
手前が元日本代表・小泉栄子選手&周藤玲美選手のペア。
上の方に掲載した、柵越しの写真は浦田聖子選手&楠原千秋選手ペア。
(誰だか解らない写真ですいません。。。コートの雰囲気を撮ったので・・・)


選手に挨拶がてら雑談していたら、こんな話しが・・・。

出来立てのコートな上、前の日まで使っていなかったので。
朝一番はちょっと砂が硬かったらしく、それを耕運機で耕し・・・。

・・・え?!
耕運機!!!
砂浜を???
こーうんき?!

・・・ちょっと、それ、見たかった。。
すごいなぁ。そんなことするんだ。。。


あ、ちなみに、もう、砂もやわらかくて動きやすい状態だそうです!


初心者でも参加できるビーチバレーの大会も増えていますし。
川崎マリエンで練習して、ビーチバレーデビューなどいかがでしょう?
ビーチバレーって、けっこう、いきなりやってみても楽しめますよ♪

この種目の楽しさを体感した上で!!
是非、今年の夏もテレビ東京のビーチバレー中継をご覧下さい!

マスターカード ビーチバレージャパンは、BSジャパン及びテレビ東京で放送します!