オーストラリア☆アデレード・シドニー編

「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫 inオーストラリア」

BSジャパンにて、毎週日曜日夜11:30から放送中!!


メルボルンの次は、アデレードに移動♪

ここのワイナリーはブドウの木を害虫から守るため、とても厳しい決まりがあります。

他の州のワイナリーで着た服や靴で入ってはダメで、

入る前にきちんと靴の消毒もします。

そのおかげでここでは、樹齢150年の木からできたワインにお目にかかることができました。


樹齢と共に、深い味わいになっていきます。

私にはちょっと早かったかもと感じるくらい、大人のワイン。

作られた年代だけではなく、樹齢によっても味が変わることにびっくりしました!

オーナーさんいわく、

「ブドウの木も人間と同じ。

年を重ねれば重ねるだけ、味が出る。」そうです。

面白いですよね!

私も味わい深い大人になりたいものです。



文化と芸術の都と言われるアデレードの街は、穏やかでとても綺麗。


この時期はジャカランダという紫色の花がちょうど満開で、通りに咲き乱れる様子は圧巻でした!

ジャカランダは、日本でいえば桜のように、オーストラリアの国花ともいうべき存在だそうですよ♪


写真では綺麗さを伝えきれず、残念・・・



そして最後はシドニーへ。

最終日の朝は3時に起床。

まだ太陽も昇らないうちから向かったのは・・・


気球ツアー!!

オーストラリアの広大な大地と、そこに広がるワイン畑、そして野生の動物たちを気球から見下ろせる、大人気のツアーなんです♪


風向きを何度も確認し、みんなで力を合わせて気球をふくらませたら・・・


乗り込んで、いざ出発~!!


操縦士さんはなんと女性!


この日が30歳の誕生日のニコル

しかも世界チャンピオン!!

なんだ、同い年でこの違いはっ・・・(笑)

ニコル、かっこよすぎるよ~!!


なんて見とれてる間に、気球はぐんぐん上がっていきます。

地上から見ると、こんな感じです。


想像以上に高いっ!!ちょっと怖かった!!笑


でも、オーストラリアは本当に広くて。

その広大な大地を見ていたら、

「自分はなんてちっぽけなんだろう。

       小さなことで悩むのはやめよう!」

と思えるようになりました。


そしてこれまで、ワインというと少し難しく考えてしまっていたのですが、

自分はこのワインが好き!と自由に表現したり、

そのワインがどんな美味しい料理と合うのかを考えたり、

素直に楽しめばいいということがわかりました。

これからワインをもっと勉強してみようと思っています。



1週間、バタバタのスケジュールでしたが、

私の生き方や考え方を見直す、素敵な時間を与えてくれたロケでした♪


ハードロケでも常に笑顔で、家族のような存在になったスタッフのみなさんと☆
(ブレブレですが・・・)

辰巳先生!有難うございました☆