今迄で一番つらい・・・?

入社して5年。

今迄で恐らく一番つらい一日を過ごしてきました。

いや、もしかしたら 生まれて一番つらい日だったかも・・・笑

体力的にも精神的にも 少し強くなれたような体験をしてきました。




日本競輪学校 一日入学



現在、修善寺にある競輪学校で、

競輪選手を目指す105回生(男) 106回生(女)の56名が

日々トレーニングに励んでいます。


禁酒 禁煙は当然のこと、携帯電話やネットの利用も禁止。

女子生徒は化粧も厳禁。

公衆電話で話すのも、テレビも、決まった時間にしか観られません。

時間は厳守で

早朝の点呼から始まって夜の点呼で一日が終わり

22時厳守で就寝 という生活。


朝の点呼から夜の点呼まで、

「狩野生徒」として一日体験させていただきました。


教官の、愛ある厳しい指導や

想像を絶する量のトレーニングと、ご飯の盛られる量(笑)にも

ただただ驚くばかり。



女子生徒と共にトレーニングする とのことでしたが、会うのも初めて。

ピストバイクに乗るのも初めてで、バンクを乗るのももちろん初めて。

不安要素が多い中で、なんとか「生き延び」てきました。

本当に、 「生き延びる」 まさにその言葉がピッタリ

というような一日でした(笑)



そんな一日を過ごした結果、

すっかり彼女たちの魅力の虜になっていました。。。!

今後一生会えない というわけでは決してないのに、

なぜか別れるのが寂しくなり

しばらく別れを惜しんでいたところ



教官にも

「ほらほら、また会えるから、早く寝なさい!(笑)」

と急かされ、それぞれの部屋へ帰っていきました。


もう早くも会いたくなってきています。。


そういった内容についてもまた、後日何回かに分けて書きますね☆









ちなみに 一日入学の模様は、

7月15日の 寬仁親王牌 中継の中でお伝えする予定です!

ではでは、

失礼します。(野沢 紺野 のブログのまね)