愛川さん

突然の訃報に大変驚いています。

愛川さんの優しい笑顔や、おちゃめな表情、たくさんの温かい言葉ばかりが思い出されて涙が止まりません。


年末から、病気のことを隠して仕事を続けていたとのこと。

その間も、収録中や私たちの前で、愛川さんが苦しそうな表情を見せることは一度もありませんでした。

いつもと変わらない笑顔で、いつもと同じように楽しく収録をしていました。

本当にかっこいい方だなと思います。

まだまだ伝えたいことも、お話したいこともたくさんありました。

それでも、2年間、アド街ック天国でご一緒できたこと、

愛川さんと出会えたことは私の宝物です。


「お前なら誰の隣でも大丈夫。

 見ているからね。」

最後に電話でお話した時のその言葉を胸に、これからもアド街を守りつづけていきます。

愛川さん、本当に有難うございました。

心からご冥福をお祈り致します。