2016,5,27 歴史的な一日

5月27日


広島は不思議な空気に包まれていました。


オバマ大統領が訪れた その50分間。
平和公園は、時が止まったように感じました。



71年前、広島と長崎に原爆が投下され 多くの方が亡くなりました。
今なお、後遺症に苦しみ 毎日を必死に生きている方もいます。
この日をどんなに待ちわびていたか・・・
想像するだけで、体が震えます。


大統領のメッセージが 静寂な公園に響き渡ります。
生中継の準備をしながらも、私の心は故郷「長崎」に飛んでいました。


幼い私に、被爆当時の事を教えてくれた、多くのおじいちゃんやおばあちゃん。
71年という年月の重みを溶かすことはできなくとも、
オバマ大統領が 被爆者の方の背中を何度もさすった、
その光景は、きっと心に深く刻まれたと思います。


この、オバマ大統領の広島訪問について
改めて2つの事を 考えました。


① 核廃絶は進むのか?


私達日本人やオバマ大統領の想いとうらはらに、
世界中で 核兵器を減らす取り組みは 完全に停滞しています。
未だ1万5千発以上の核兵器が存在し、その9割以上を保有する
アメリカとロシアの話し合いは頓挫しています。
核兵器を「戦争抑止」の手段だと各国が考える限り、
無くなることはないでしょう。
もはやテロリストにとっては「抑止力」さえ通じないのですが・・
日本とて、「アメリカが核を持っているから、同盟国の日本に
他国は攻めてこないだろう」 という日米同盟の視点から考えると、
何も躊躇することなく 大声で「核廃絶!」 と言い切れない部分が
あるのでしょうか。

皆が一斉に「せーのっ」で核兵器を手放さない限り、
私たちの世代で核兵器を世界から無くすことは、夢物語なのかもしれません。



であれば・・・


② これから、世界はどのような道を歩むべきなのか?


オバマ大統領の17分間の演説を、何度も何度も読んでみました。


『 我々は戦争そのものへの考え方を変えなければならない。
 外交の力で紛争を防ぎ、紛争が起きたら終わらせようと努力すべきだ。』


核兵器だけでなく、世界で蔓延する戦争や紛争自体を
もう、やめましょう。 というメッセージ。
当たり前だと受け取る方も多いでしょうが、アメリカのリーダーが
こんな真っ直ぐなメッセージを発信したことに、私は感動しました。


『 我々は過去から学び、選択できる。 
  過去の過ちとは異なる物語を、子供たちに語ることができる。』

憎むべきは、殺した人ではなく、戦争や紛争そのものであって、
私たちは皆、同じ人間である。
これ以上、傷つけあうのはやめましょう・・
という事を、これからの子供達に教えていくことが大切なのです。



私たちが選びうる未来は、いかようにも変えられます。


ひとりひとりに 何が出来るのか。
考えることも、小さな一歩です。
その小さな一歩に「大きな想い」を込めることができれば
いずれ 大きなうねりに出来るかもしれません。


なんて。
ちょっとだけ 今回の一連の取材で感傷的になった私は
広島の平和公園で オバマ大統領を眺めながら
こんなことを考えていたのです・・


素晴らしい機会を与えて下さった事に、本当に感謝しています。