年内にもう一度ぐらい・・・

8月4日

種子島で

HⅡBロケットの打ち上げを取材しにいってきました!



前日に鹿児島空港に着き、

トッピー(鹿児島で 飛び魚 の呼び名)

という高速船に乗って種子島へ。  「長旅」でした!


ヤシの木 があるだけでテンションが上がってしまいます。

常夏に来た!! と実感。



着いて、まずは腹ごしらえを。

地元のカメラマンおすすめの店へ入り、

ラーメンと一緒に

大量の大根の千枚漬けがついてきたのに驚きました!!

お漬物だけでお腹いっぱいになってしまう量に、感動。

ラーメンとお漬物。鹿児島では当たり前のことなんですって!




ようやくロケットの発射台がよく見える地点へ着き、記念撮影。


遠くに見える、薄いオレンジ色の模様が入ったロケット、見えますか??

いよいよ明朝、打ちあがるのかぁ・・・と ワクワク感がどんどん募っていきます。


早めの時間に床に就く予定が、興奮したり準備したりでなかなか寝られず・・

結局 2時間ほどの睡眠で目覚まし時計が鳴りました。

時計を見ると 朝、 1時30分。

・・・モーサテ の日よりも早起き!(笑)



ようやく目が覚めて頭も動きはじめたあたりで

「打ち上げまで1時間」 というアナウンスが入りました。



現場では、大勢のロケット関係者、取材陣と共に

発射までの時間が一秒ずつ刻まれていくのを見守っていました。





カウントダウン いよいよ 発射まで10秒。






Lift Off!!


8月4日 午前4時48分46秒

こうのとり 4号機を載せた

HⅡBロケット が打ちあがりました!





10秒弱経ってから ようやく ドドドドドドドドドドドドドドドドド

という、花火が100発 一度に上がったような轟音を立てて

地上およそ400kmにあるISS (国際宇宙ステーション)へ向けて

旅立っていきました。



去年の打ち上げの瞬間は、大雨で

すぐにその姿も視界から遠ざかってしまったという状況でしたが

今年は天候にも恵まれました!


ちょうど朝日が昇る時間と重なり、辺りが少しずつ明るくなっていく中

雲隠れすることもなく 遠~くの遠くまで その軌跡を裸眼で追うことができました。


JAXAの方いわく、

これだけ恵まれた環境の下、打ち上げを見ることは、

「恐らく後にも先にもないと思うよ」 




その数日後、無事 ISSへのドッキングに成功!!


以前 

「わが子のような存在ですね、この、こうのとり4号機は」

と話していた前田リードフライトディレクター

ドッキングの瞬間は、管制室で目に光るものを浮かべていたようです。








ロケット打ち上げの魅力に、どっぷりつかってしまいました。


今年はもう一度ぐらい、見に行けたらいいなぁ・・・