きれいにしてくれるロボット×2

結構普及してきた、お掃除ロボット。
我が家にも1台ありまして、ウロチョロお掃除している姿がなんともキュートなんです♪

ただ、ついつい床に積み上げてしまった本や仕事の資料なんかがあった日には、
進路妨害され、ぶつかり、悩み、方向転換。。
その姿がなんだか哀愁漂ってみえるもので、
「ごめんね~!」と申し訳ない気持ちになり、片付けがはかどります。
お掃除ロボには、そんな効果もあるんですかね(笑)

最近では、色々な機能が付くなど、お掃除ロボはどんどん進化しています。
トレたまでも2つご紹介しました。



まず1つ目は…
2012年8月24日にご紹介したコチラ!


屋外ですが、、
実は自動で芝を刈ってくれるロボットなんです。
なので、正確にはお掃除ロボではなく芝刈りロボ、、なんですが、
動き方など通じるものがあるんですよ☆

ぜひコチラの動画でお確かめ下さい♪


本体裏側に芝を刈る刃が付いており、
刈った芝は吸い込まず、芝の隙間に落としていきます。
この芝刈りロボは芝の先の方を数ミリずつ切っていくので、
切りくずが非常に細かく、
落としていっても散らかりませんし、土に戻り肥料になるとのこと。
確かに、切り落とされた芝を探したのですが見つかりませんでした。

つまり、今回の芝刈りロボ、
ある程度伸ばして一気に切る…というスタイルには向きません。
毎日のように使って、常に綺麗な状態をキープすることに長けているんです☆


芝刈りロボが動けるのは、
微弱な電流が流れている専用のワイヤーに囲まれた範囲のみ。
芝を刈って欲しい範囲を指定できるのはもちろん、
ワイヤー範囲外に置かれた場合は動かない、
停電などワイヤーに電流が流れない状況になったら自動的に停止する等、
暴走を防止する仕組みになっています。
芝を刈るために刃物が付いているので、安全面にはかなりこだわったんだそうです。


これなら安心して、芝刈りロボに芝の手入れを任せられそうですね♪



その間にのんびりテレビでも。。


ゲームもしよっかな♪


な~んて☆

実は、テレビのリモコンに見えたもの、ゲームのコントローラーに見えたもの、
どちらも同じものを操っていたんです。

その対象物が、2つ目の、進化したお掃除ロボ!


12年10月26日にご紹介した、操縦することができるというものなんです。
どのように操縦するのか、コチラの動画をご覧下さい。

でも…本来、人間がかかわならくても掃除をしてくれるというのが、
お掃除ロボの最大の利点だったはず。
「これでは本末転倒なのでは!?」と考える方、いらっしゃるのではないでしょうか。

その考え、確かに、否定はできません(笑)
なので、もちろん、通常のお掃除ロボのように、
勝手に動き回ってお掃除をしてくれるモードもありますよ☆

その上で、この操縦できるモードは、
お掃除というものに“楽しさ”を加えられる利点があるそうなんです。
例えば、掃除嫌いのお子さんが、
ゲームで遊んでいる感覚で楽しく操縦しているうちに、掃除ができている!
…といった状況を作り出せるということ。
お掃除に“楽しい”というプラスのイメージを持たせることができるというのは、
大きな魅力ですよね。

実際、大人の私も、操縦したら楽しくて夢中になってしまいました☆

家族皆でワイワイと、お掃除ロボを操縦して楽しくお掃除♪
そんな光景を想像したら、なんだか気持ちがほっこりして、素敵だなぁと思ったのでした。