日刊ゲンダイ 10月24日掲載分 【 ココ・シャネル 】

シャネルと言えば・・
もう、かれこれ5年以上前に購入したジャケットと、
カシミヤのニットを、未だに時々着用しています。
時代を超えても色あせない魅力があるのでしょうか・・
はて。
あと何年、着れるかなあ・・

 
     


        【 ココ・シャネル】



最近、ココ・シャネルの映画が2本続けて公開されました。
あの、高級ブランド「シャネル」の創業者です。
今年はミュージカルに映画・小説など、
デザイナーとしてのシャネル自身に注目が集まっています。
「成功ではなく、失敗で強くなる。逆流を逆らって強くなった。」
と言い切る彼女の生き方は、
とても異質なようで、
実は人間の根源的なことを示唆しているような・・
かつてご褒美に購入した唯一のシャネルのジャケットを、
改めて、引っ張り出してしまいました。


恋多き女性としても有名だったココ・シャネル。
昔からとても興味をもっていました。
彼女を綴った本には、「恋・仕事・結婚」
女性の永遠のテーマが全てつまっています。
「自分らしく生きる」とは、どういうことなのか・・
教えてくれた人でもあり、まね出来ないほどの強い生き方は、
度々ぶつかった難しい局面で、
パワーと情熱を湧き上がらせてくれました。


そして何よりも彼女は、
シャネルというブランドのインパクトに負けないくらいの
強いメッセージを、現代の女性達に沢山残してくれています。
「翼を持たずに生まれてきたのなら、
翼を生やす為にどんな障害も乗り越えなさい」
その為に、自分の実力をとことん試し、
「退屈より大失敗を選ぶ」覚悟で
未知の世界に飛び出す勇気を持つこと。
思わず引いてしまいそうな程、ど迫力の生き方です。
孤児院で育った彼女が、どのように、
世界のシャネルへと上りつめることができたのか。
類まれなセンスと実力を身につけていたことはもちろん。
それ以上に、彼女は
「自分は何を求め、どういう生き方をしたいのか」
常に自問自答し、その答えに忠実に向かい合い続けたそうです。


周りの変化や、様々な雑音に流されてしまうことが多い今、
「自分らしさ」って何をどう表現すればいいのか・・
立ち止まることもあります。
そんな時、このシャネルの残してくれた言葉達は、
そっと手を差し伸べてくれます。
「事実は小説より奇なり」
とにかくすごいです!
是非一度、皆さんも、彼女の人生を覗いてみて下さい。