最強挑戦者  内山高志&細野悟

1月11日に迫ったボクシングW世界タイトルマッチ。

8日(金)に世界戦に出場する各選手の予備検診が行われました。

「KOダイナマイト・内山高志」は今すぐにでも試合をさせろ、と言わんばかりの雰囲気。
闘志と自信に溢れた、はっきりとした口調で検診後の会見に臨みました。
準備は万端。後は時が来るのを待つのみ。
本当に試合が楽しみなのが伝わってきました。


「バズーカ・細野悟」はと言えば、いつものマイペース。
どこかのんびりした受け答えながらも、世界戦への意欲を感じました。
細野選手は、公開スパーリングの時の写真を・・・。

顔、全然わからない・・・。すみません。

黒いヘッドギアをつけている選手が細野選手です。

左側が、細野選手。

この日のスパーリングの相手は同じジムの現日本ミニマム級王者・八重樫選手。
八重樫選手は、世界タイトルマッチの経験もあるジムの先輩。
スパーリングの相手としては、絶好の相手といえるでしょう。
これまでも八重樫選手相手に、ハイレベルな練習を積んできた細野選手。
会長の用意した作戦もしっかり身につけて、王座奪取に向けて万全です。



もう1人ご紹介します。

沖縄出身の翁長吾央(おながごう)選手。大橋ジムに移籍してきて2年ほど。
いつタイトルマッチに出場してもおかしくない逸材です!
サウスポーから繰り出すカウンターは名刀・正宗の切れ味と大橋会長の談。

世界戦に出る2人が一発で終わらせるハードパンチなら。
翁長選手は、一瞬で終わらせる鋭利なパンチ。

この翁長選手も、世界戦の前座で試合をします。
相手は正拳ジムの金城吉廣(きんじょうよしひろ)選手。
金城選手は大阪生まれですが、お父さんが沖縄出身。
自らのルーツ・沖縄出身の翁長選手はデビューの頃から注目・応援していたそうです。
憧れの選手でもある翁長選手との試合、気持ちも入っています!


他にも東洋太平洋タイトルマッチや日本タイトルマッチ経験者のランカーの試合などなど。
アンダーカードもかなり豪華です!!

アナウンス部ボクシング中継チーム総動員で各試合、実況&リポートします!!
放送は1月11日(祝・月)7時59分から!!