白熱首位争い!

毎週の様にneo sports でお伝えしていますが、

プロ野球リーグ戦が終盤に近づいて参りました!

 

セパ共に首位争いや3位争いなど熱戦が繰り拡げられています! 

プロ野球ファンとしては今が一番面白い時!白熱した戦いの中で起こる様々なドラマ予想外の展開を皆様に熱く、熱くお伝えして参ります!

 

先週の土曜日はセリーグ首位攻防戦を取材に名古屋ドームに取材に行って参りました!

 

 

土曜日、試合前の時点で首位ヤクルトと2位中日の差は2.5ゲーム。

三連休ということもあり、多くのお客さんで球場は埋め尽くされていました。

 

そんな中、私は首位ヤクルトの4番畠山選手にお話しを伺いました。

 

今シーズンがら4番としてチームを引っ張る畠山選手。

9月のホームラン数はリーグトップ。打点も現在リーグトップという

チームにとって心強い存在。

そんな畠山選手は、首位争いをするチームの4番を任されることについて

すごく幸せなことですと、笑顔で話してくれました。

 

「4番として自分がしっかり仕事をすれば試合は勝つことが多いです。

打席では常に最低限の仕事をするように心がけています。

自分がそうすることで、自ずと優勝も近付いてくると思います。」

 

畠山選手のお話からは4番としての自覚、責任感が強く感じられました。

 

ただ一方で、それだけの責任を常に背負いながらプレーするというのは

精神的にも非常に大変なこと。

 

プレッシャーはないですか?と伺ってみたところ・・・

 

「プレッシャーもありますが、それをやりがいと感じています。とにかく自分が

引っ張って行こうという気持ちでやっています。」

 

ここぞという場面で、チームを勝利に導く大きな仕事をいくつも成し遂げてきた

今シーズンの畠山選手。その勝負強さはこうした前向きな考え方から来るのだと思いました。

 

「プレッシャーをやりがいに。」

 

この言葉は私の心にとても強く残りました。

この言葉を胸に私も頑張ろう!取材を終えてから、そんなことを考えていました。

 

さぁ、まだまだ首位争いは続きます。ヤクルト10年ぶりの優勝へ、

4番畠山選手の活躍に注目です!

 

ちなみに・・・

 

各球場に取材に行くと、ご飯も楽しみの一つです。名古屋ドームでのお昼は・・ 

 

 

温玉うどんでした♪

ツルッと食べられておいしかったです。