一生忘れない。

 

大袈裟な表現には注意、と仕事では気をつけているつもりですが、今回は何の抵抗もありませんでした。

 

 “釣りロマンを求めて”にまたも出させていただきました。

 

 

海なし県に生まれた少年が、テレビを通して憧れ続けた一匹。

 

GT(ジャイアントトレバリー)とついに対面することができました。

 

 

燻し瓦のように鈍く輝く魚体。ブーメランのように大きな尾びれ。

「あー疲れた」と呟いているかのような表情。

 

 

全てが印象的でした!!

 

 

1時間に渡る格闘で私の両腕は痺れ、船長が取り上げてくれた直後へなへなと船べりに倒れこんでしまいました。

 

涙は全くの予想外。(放送後いろいろな人から、「泣き方が気持ち悪い」と…)

 

後輩某アナウンサーからは「こんな笑顔地上では見たことない」と…。(確かに)

 

 

リリースのあと、“彼”がまるで胸びれで手を振るようにして帰っていった姿が、今でも目を閉じると鮮やかに甦ります。

 

 

スタッフの皆さん、船長、そして豊かな美ら海に感謝です。

 

 

 

 

 

      別の種類のアジ。七色に輝く。

 

 

          船長ありがとう。

 

 

 

     疲れた体に最高の一杯。

 

 

 

          また必ず来ます。