新生★中京競馬場!

いよいよ3月3日にグランドオープンする中京競馬場の内覧会と

 

騎手による試乗会の取材に行ってきました。 

 

 

 

 これが新しくお目見えしたスタンド、その名も「ペガサススタンド」!

屋根の先端の部分がペガサスの翼に似ていることから名付けられました。

 

先端は光を通す素材で柔らかな光が降り注ぎます。

 

東京ドームの屋根と同じ素材が使われています!

 

 

カラフルな客席の椅子! 

 

実はこのカラフルな配色には訳が・・・。

 

 

 

最近のこういった人が集まる施設に用いられてることがあるそうなんですが、

 

 

お客さんが少ないときにも、淋しく見えないという効果があるんですって!

 

 

このカラフルな椅子が見えないくらいお客さんが入るといいですね(笑)

 

 

 

屋根の上には最大で100kw発電できるソーラーパネルが!

スタンドの中にあるモニターで発電量を見ることが出来ます。

 

あいにくこの日は雨で、発電はほとんどしてませんでした・・・。 

 

 

 

 

お子さん連れには嬉しい施設も。

私も小さい子どもがいるので、ついこういった施設に目が行きます。

 

家族で競馬場に来やすくなるのでいいですね! 

 

 

 

 

新しい中京競馬場の目玉の一つ!

 

「かちうまビュー」

 

レースを終えた馬はこの検量室前のスペースに戻ってきて、騎手が下馬します。

 

手前の枠に1着の馬が入ります!

 

勝った騎手の表情や、陣営と喜びを分かち合う瞬間、

 

全力で走り終えた馬の荒々しい息遣いがガラス越しに見ることができます!

 

 

 

 

ん?

 

 

武豊騎手(左)と福永祐一騎手(右)の間に、見慣れないキャラクターが! 

 

新生中京競馬場のマスコット「ペガスター」!!!

 

かなりユニークな見た目です(笑)

 

 

 

 

 

新コースの試乗会は、芝・ダート1レースずつ行われました。

実況してみました!

 

 

 

 

 

こちらは1コーナー。

引き込み線に芝1600mのスタート地点 があります。

 

 

 

 

 

 

最後の直線には新しく設けられた坂が!!!

 

芝のコースは残り340m地点から100mかけて2m上ります。

 

勾配は2.0%。中山競馬場の2.24%に次いで2番目に大きい勾配です。

↑坂を上がったところから見た景色。線のように見えるところが頂上です。

 

 

↑坂の下から上を見た景色。

 

 

写真だと分かりづらいかもしれませんが、確かに上ってます!

 

 

 

 

騎手の皆さんも,

 

「それほど大きな坂ではない」

 

「急な感覚はなかった」

 

と、坂の印象を語っていましたが、どのジョッキーも

 

「実際のレースになってみないと、この坂がどの程度応える坂なのかわからない」

 

とのことでした。

 

逃げ馬が有利なのか?それとも差しが決まるのか?

 

スパートはどこからかけるのか?

 

3月3日、騎手たちがどんな駆け引きを繰り広げるのか楽しみですね!

 

 

 

 

こちらの写真は、試乗会の時に各ジョッキーが付けたゴーグルです。

 

よく見ると、おでこのところにカメラのレンズが見えます!

 

実はこれ、高画質のカメラがついているゴーグルなんです。

 

このカメラによって撮られた映像は圧巻でした!

 

騎乗中の騎手の目線がよくわかります。音声も収録できるので騎手の声や、

 

馬の息遣いも聞こえました!

 

普段は見ることのできない貴重な映像も、今週のウイニング競馬の

新生中京競馬場紹介コーナーでお見せしますのでお楽しみに!