大好き!東京のシンボル


23日の祝日は、桜の開花状況と合わせて東京スカイツリーを取材し
墨田公園から中継した。



スカイツリーは第2の東京タワーとなる。
自立式電波塔としては世界一の634メートル。
開業は2年後の春。
まだ先まだ先と思っていたけれど、近くで見てみると既にかなりの高さで
想像をはるかに超える、圧倒的な存在感を周囲にふりまいていた。
完成するのが楽しみな反面、これまでの東京タワーの存在が少し薄れてしまいそうで、
幾分寂しい。
というのも私にとって東京タワーは特別な存在だからだ。
もちろん、テレビ東京と切っても切れない関係だというのもあるのだが、それよりもっと前、
中学高校時代から、記憶の隅には常に東京タワーがある。



港区にある小さな中学、高校で6年間を過ごした私には、通学路から、校舎から、
常に東京タワーが見えていた。
早朝の空気が綺麗な日、タワーと空の色のコントラストは息を呑むほど美しいし、
授業で帰りが遅くなった日、月とタワーの一緒に並ぶ様子もまたとても絵になる。


どんな時も凛とした佇まいで、来る日も来る日も立ち続けている東京タワー。
第2東京タワーが出来たとしても、私にとってはきっといつまでも
特別な存在であり続けるだろうなあ。