皐月賞観戦記

先週の日曜日に中山競馬場で3歳牡馬クラシック1冠目、皐月賞が行われました。

 

 

 

 

今年の春の中山開催は8週中、7週で週末に雨が降るというという、

天候、馬場コンディションに恵まれない異例の年になりました。

 

中山競馬場の芝コースは内側が荒れて、最終週の開催には、

 

各馬が4コーナーで外を回すシーンがよくみられるようになっていました。

 

 

そんな中で迎えたメインレースの皐月賞。

 

 

スタート直後に大きなどよめき。

 

ワールドエースが前の馬に触れて躓き、

あわや落馬というところまでバランスを崩してしまいます。

 

何とか持ちこたえた福永騎手ですが、ワールドエースは後方を追走する形になりました。

 

 

そのワールドエースと同じく後方にいたのが、勝ったゴールドシップ。

 

 

3コーナーあたりで動き出した2頭。

 

しかし、同じ位置にいたこの2頭の選択した道は、全く対称的でした。

 

 

荒れた内を避けた馬が外に殺到する中、そのさらに外を回したワールドエース。

 

一方、ゴールドシップの鞍上内田博幸騎手は、

 

ぽっかりと空いた内をただ一頭選択します。

 

 

直線に向いたときには、この2頭の差は決定的なものでした。

 

 

 

内田騎手は地方競馬出身の騎手。今年大きな怪我から復帰して初のG1勝利です。

 

同じ地方出身の岩田騎手(3着のディープブリランテに騎乗)は

 

 

 

「あの騎乗は地方出身の騎手にしかできない。」

 

 

 

と、内田騎手の騎乗を振り返りました。

 

 

翌日の競馬ニュースなどでは、内田騎手の好判断という見出しが踊りましたが、

 

そのジョッキーの好騎乗に応えたのは、言うまでもなく「相棒」、ゴールドシップです。

 

 次は2冠目、日本ダービー。

東京競馬場の長い直線、広いコース、良馬場だったらどうなるのか。

ゴールドシップの次回の走りに注目です!

 

 

ダービーに照準を合わせている実力馬も多い中、次走も激戦必至ですが、

去年の3冠馬オルフェーヴルと同じ血統(父ステイゴールド×母の父メジロマックイーン)の

ゴールドシップが3冠への道を進むことができるのか、

 

今からダービー当日が楽しみでなりません。