エース。~楽天キャンプ 田中将大~


WBC山本浩二監督もキャンプ初日に訪れた楽天キャンプ。


担当記者K「これだけ晴れるのは珍しいっす」。

どうやら恵まれたらしい。


とはいえ、風は結構強くて、



周りを囲むサトウキビも揺れている。



担当記者K「早速田中がブルペンに入るらしいっす」

おっ、それは見逃せない。



おーきたきた。

体大きい。



ネット裏には星野、山本両監督に東尾コーチ、こりゃ力が入るよ。

キャッチャー岡島、座った。
軽く投げているように見えるけど、ボールにキレがあるっていうか最後にぐいっと伸びる感じ。下半身でぐーっと体重移動して最後にビュッと投げる(腕の振りはよく見えないな・・)って印象。

初日のブルペンでこの迫力、ネット裏から見たらまた印象違うんだろうなぁ、羨ましいなぁ…。

握ったWBC公式球をじっと見てる。一球一球ゆっくり投げる。振り出した左足の付く位置、付き方、体重移動のタイミング、じっくり確認してる。

44球、か。あ、山本監督と話して、あー笑った笑った。上々って評価をいただいたみたいですよ、これは。


この距離からチェックされるのに、さすが堂々としておりますよ。


田中「後ろから(監督たちに)見ていただいて固くなるかなと思ったんですけど、確認しながらいつもよりゆっくり投げることができました」

え・・・むしろゆっくりです、か。

「(山本)監督も以前からお話しさせてもらってますし、だから(緊張)しなかったのかな、あははは~。」



山本監督「堂々としたもんですよ。当然(日本)チームの中心になってもらわないと」


09年WBCでは2回と1/3しか投げていない田中投手。

「僕はエースなんかじゃないし、それはあくまで周りが言うこと」と話す。

杉内、内海・・・WBC経験者は他にもいる。しかし24歳のサムライが実力は勿論、
すでに精神的支柱となり得るのだと感じた。









真白なボール。輝いている。



那覇-久米島間のプロペラ機。


往きはWBC首脳陣と同乗、緊張。

帰りは緊張感なく眠り、記憶がありません。