アコギなやつら ①

「アコギ」 =アコースティックギター(acoustic guitar)
いわゆる生ギター。フォークギターとも言う。

 自他共に音楽好きと認めてもらっている(つもりの)斉藤が最も愛するアコギの世界、特にソロギターのアーチストを広めるべく、勝手にシリーズを始めます。

一人目は「小川倫生」さん。年末にリリースされたばかりのニューアルバム
「PROMINENCE」です。
V6010035.JPG

そのうちご紹介するつもりの「押尾コータロー」さんの登場以来、ソロアコースティックギターの世界もメジャーになりつつありますが、その中でも独自の世界観がにじみ出ている一人が、この小川倫生氏です。
いい音してるし、多彩な「色」があるし、中には一曲14分もの大作があったり。ライブも2回ほど観に行きましたが、飾らない風貌から「芸術家」を連想させるアーチストです。
 自分の出身地に近い栃木県鹿沼市在住という点も、親近感を持ってしまいます。

一作前の「Night Jasmine」も目前で弾いているかのようなすばらしい音質で録られていて、ぜひ聴いていただきたい一枚です。

 残念ながら多くのソロギター・アーチストと同様、一般のCD店には置いていない場合が多いので、限られたギターショップか通販でしか入手できないのですが(小川氏本人のHPが確実)興味を持たれた方、御一聴あれ。