きたやまおさむさん。



この間の週末は、
"きたやまおさむアカデミックシアター"の司会を務めるべく
COREDO室町にてお仕事でした。


オープン以来、一度も行ったことがなかったので二日間とも
ワクワクした気持ちで会場へ。
普段スタジオにこもりっきり(笑)な私にとって、
取材以外で局の外でお仕事するのはとても新鮮なのです。



日本橋界隈は職人気質とも言える粋な香りを色濃く打ち出されていて
年季の入ったビルと新しいビルが違和感なく並ぶ不思議な空間。
古さと新しさが両方ともその魅力を潰すことなく息づいています。




さてさて、話は戻って、きたやまおさむさん。
彼は「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーとしてあまりにも有名です。

しかし、精神科医として臨床の現場に立ったり教壇で教鞭を取っていたり、と
しばらくはメディア等には露出していませんでした。
今年の春、九州大学を退職され、
さる11月26、27日両日、先生の伝説の講義が久しぶりによみがえったのです。
当日はそんなきたやまさんを一目見ようと、多くのお客さんが会場に駆けつけて
くださいました。




ちょっとピンぼけですね。




私は講義冒頭の案内役ということで、
しっかり講演を聞くことが出来てしまい、ラッキー!!



講義のテーマは「浮世絵に見る母子像」。


ちょっと聞いただけでは

「?」

という状態でしたが、深く身に染みる、とても楽しい内容でした。
なによりきたやまさんのお話が面白くってあっという間に時間が
経ってしまうのです。
講義が終わるころにはすっかり北山先生のファンになっていました。


そのほか1日目はゲストに姜 尚中さん、2日目は田中優子さんを
お迎えしてのトークセッションもありました。両日ともお二人は、会場で
皆さんと同じように座席に座って、北山先生の講義を聴講されたんですよ♪
トークセッションは両日ともおおいに盛り上がりました!



きたやまおさむアカデミックシアター「学術劇場」と名付けられた今回の講義。
大人の知的好奇心をくすぐられるとっても魅力的な数時間となりました。


当日いらっしゃることが出来なかった方、
今知って地団駄を踏んでいらっしゃる方(笑)・・・ご安心ください。


当日の模様は12月31日午前10時から11時半(予定)
テレビ東京で放送されます。


ぜひご覧ください。