鍛えねば。。

皆さん、自分の筋力に自信はありますか?

私は…ありません(汗)
“体力”は結構あると思うのですが、
“筋力”は、、う~ん。。

そんな漠然とした不安が
トレたまにより、現実のものとして突きつけられました。
“筋力の余裕度”を測定するシステムを使ったんです。

でも“筋力の余裕度”と言われても、いまいちピンと来ないかもしれません。
まずはコチラの動画をご覧下さい☆


測定する上で求められる動作は、
しゃがみこんだ体勢から、できるだけ勢いよく立ち上がる、それだけ。
なのですが…


もっと速く動けると思っていたのに体が言うことをきかず、
想像を超える遅い動きに我ながらビックリ!
そして、、やはりというかなんというか、
同年代の女性と比べて筋力が弱いという結果に。。


取材中、何度か試したのですが、、これが私のマックスでした…トホホ。

…とはいえ、
なんとなく筋力が弱いかもと思っているより、具体的な数値で見られる方が、
良い意味で危機感が持てて、
日常生活の改善など、頑張ろうという気持ちになれました。

このトレたまが家庭用として普及し、筋力を測ることが日課になれば、
筋力の増減を把握できるのはもちろん、
しゃがんで勢いよく立ち上がるという動きを毎日することになるので
自然と筋力をつけるトレーニングにもなるとのこと。
なるほど!
一石二鳥ですね☆

このトレたまは2012年9月14日に放送したもの。

私の筋力不足が証明されてしまったわけですが、
そのわりとすぐ後、2012年10月5日に、
何のご縁か、筋肉を鍛えるトレたまをご紹介することになったんです☆


私が右手に持っているレモンのような形のボールを
ベルトで身体に固定して使うトレーニング用品です。
具体的な使い方は、
ぜひコチラの動画でご確認下さい☆


競技用のボールメーカーがそのノウハウを活かして作っているので、
300キロの重さに耐えられるほど丈夫。
激しい運動ができない高齢者などに使ってもらえたら、とのことでした。
ボールの反発を利用して筋肉に負荷をかけ、じわじわと鍛えることができるので、
無理なくトレーニングができそうです。

腰、胸の下、胸の上等、巻く場所や、使い方によって、
色々な筋肉に働きかけることができます。
お好みとあらば、結構ハードなトレーニングをすることもできるんです。

私としては、1番きつかったのが、このポーズ。


主に腹筋に効きます。
発声などで、アナウンサーには必要な腹筋。
他の筋肉よりはずっと自信があったのですが…きつかった。。

使い方を工夫すれば、
高齢者だけでなく、老若男女、効果的に活用できそうだと思いました。

筋力不足、かつ、運動音痴、なのに、
去年は、身体を使うトレたまを担当させて頂く機会が結構多かった気がします。
私としては、新鮮で楽しかったですけどね♪

ということで、そんな身体を使ったトレたま、
もう1つ書いちゃいましょう!
2012年10月19日にご紹介した、マラソンウェアです。


走って汗をかいても、ウェア内の空気がスムーズに動くことで湿度を下げ、
快適に過ごせるというものなのですが、
この仕組みがなかなかアナログなんです。
ぜひコチラの動画でチェックして下さいね☆


今まで、スポーツ用品メーカーは、
メッシュなどの素材の開発に力をいれることが多かったのですが、
今回はシャツの構造に着目。
腰の部分に入れた500円玉ほどの大きさのメダルがおもりになり、
走ると服がゆれ、空気の出入りが生まれるんです。


メダルの重さは7グラム。
この重さは、
ウェアをはためかせるために、軽過ぎてはいけないし、
走る時に邪魔にならないよう、重過ぎてもいけない、、
そんな中で、
研究に研究を重ねはじき出された、絶妙な重さということです。

ウェアを快適にすることで走りに集中しやすくなりますし、
タイムを速くする一つのカギになると言っても過言ではありませんよね。
また、健康のためや趣味で走っている人も、
より快適な環境でマラソンをできるのは嬉しいはず。

ルームランナーなどで走っている人は別ですが、
この寒い季節、ウェア内の空気を出し入れする必要性を
あまり感じられないかもしれません。
でも、暦の上では、もう春。
もう少ししたら、このウェアが活躍する季節がやってきそうですよ☆


そう、暦の上では、もう春。
だんだん暖かくなって、薄着になる頃には
適度に筋肉のついた引き締まったメリハリボディに!

…なっていたい、、なぁ。。

弱腰ですが(笑)、
とにかく少しずつ鍛えねば!ですね☆