スミスの本棚  アネックス1

スミスの本棚。

4回目にして、今回はアネックス=別冊版です。

 

 

テーマは、「読書術」

私がインタビューさせていただいたのは

『 平野啓一郎さん 』

 

 

23歳の若さで芥川賞を受賞。

三島由紀夫の再来とも言われた方に

読書ベタな私が、しかも平野さんの芥川賞作品「日蝕」を

1ページ目で挫折した私が・・(すっ、すみません。)

 

 

そんな不安を抱きながらのインタビューを、

平野さんは、懐深く、とてもあたたく受けて下さいました。

 

 

驚いたのは、平野さんご自身

読書は「ゆっくりじっくり派」だということ。

本に折り目をつけ、赤線を引きながら、読み進めるそうです。

だからこそ、最近の「速読」を推奨するような流れには

危機感を感じているようです。

おいしい料理をゆっくり食べるのと一緒で、

好きな本をじっくり味わう喜び・・

 

「なんだろう・・?」自分の中に芽生えた疑問をおろそかにせず、

常に心にひっかかりを持ちながら読むことで、読解力も鍛えられ、

確実に、自分の糧になるということ。

目先のことだけでなく、遠い将来の自分を育てていくために・・。

 

 

読書とは。

 

一 5年後10年後に蓄積として、じわじわと効いてくるものである 一

 

 

そんな言葉がとても印象的に残っています。

 

 

 

・・やはり。

スローでいいんですね。

本を読むのにとても時間がかかってしまう

超スローリーディングな私は、とても勇気づけられたのでした。

 

 

そして、終始

質問の意図を先回りして汲み取っていただき、

不安と緊張をじんわりとほぐして下さった平野さん。

ありがとうございました。

 

 日蝕、読みます・・