太陽光、集まれ~!(1/28放送)

栃木県の小山市に取材に行ってきました。

風が吹くとさすがに寒いけど、陽射しがポカポカ気持ちの良い天気☆

晴れて良かった!本当に良かった!!

だって今回のトレたまは晴天専用なんですもの。

 

 

 

パラボラアンテナではありません。

不思議な器具の真ん中あたりに注目すると…

 

 

お鍋が!

今回のトレたまは、反射板で太陽光を集め加熱するという調理器具でした。

電気もガスも炭も薪もいらないので、とってもエコ☆

晴れていないと使えませんが、寒くてもちゃんと使えます。


弱火程度の火力(?)を持っているということで、

実際お米を1合炊いてみると40分ほどでちゃんと炊けました。

カレーは1時間ほどで出来上がりました。

じっくり時間をかけなきゃ加熱できないだろうと思っていたので、

予想外の早さにビックリ☆

 

目玉焼きにいたっては5分でできちゃいます。

目玉焼きを作る時、ディレクターさん達に「卵、割れる??」と心配されました…

失礼な!(笑)

「できますよ~!」と、卵を割ったら、あらら?

殻が、、少し入ってしまいました。。でも、あの、少~し、ですよ(汗)

………すみません!!

 

 

今回のトレたま、完成させるのに3年ほどの時間がかかったそう。

初期段階のものは、本当に小さな1点に太陽光を集めてしまうものだったため、

高熱になり過ぎて、その部分に紙を置くと数秒で燃え出してしまいました。

それでは危険だということで、改良を重ね、

光が集まる範囲を少し広げることで発火の危険を避けられるように。

しかも、鍋を全体的に温められるようになったため、

1点だけ集中して温めるより、効率良く加熱できるようになったそうです。


値段は3万5千円と少し高い印象。

でもこういった一見原始的な仕組みに見えるものこそ、いざという時に力を発揮するのかも。

災害時の簡易調理器具として役立ちそうですし、

他にも、アウトドアや、学校の教材として使えるのではないかというお話でした。