華道家、假屋崎省吾さんがお越しくださいました。

3人の後ろ映っているこのお花

本番直前に假屋崎さんが生けてくださいました。

 

いやぁ、綺麗です。

 

お花のことを偉そうに語れませんが、率直に、綺麗です。

 

何か、生命力が盛り上がってくるような感じがするんですよね。

 

使われているピンクのバラは、ドイツでつくられたもので、

その名も「ショウゴエレガン」

そう、假屋崎さんの名前がついているんです。

普通のバラに比べ、花弁の数、香りが2倍なんだとか。

確かに、ベルサイユの薔薇に出てくるような華やかなバラです。

 

番組ではどうやって作品をつくり出しているのか、

美の感性をどうやって磨いているのか、

假屋崎さんのルーツ、源を伺いました。

 

幼い頃から美しいものに囲まれ、

今も日常生活、様々な場面で美を感じ、取り込み、

そして花、着物、料理と、様々な形でその美を表現している假屋崎さん。

人生を豊かに、美しく。

假屋崎さんにとって人生そのものが”美”なんですね。

現在目黒雅叙園にて、展覧会が開催中です。

 

早速足を運ばせて頂きましたが、

絢爛豪華な百段階段で、作品は圧倒的な存在感を放っています。

 

假屋崎省吾さんの世界、是非ご堪能ください。