南米・コロンビア

南米のコロンビアに、取材に行きました。

 

コロンビアと聞くと、「コーヒー豆?」という連想くらいしか思い浮かばない?

 

しかし、そこは今、「市場」として、「資源国」として、

各国が争奪戦を繰り広げる、最も熱い国のひとつなのです。

 

もちろん、日本も参戦しています。

日本製をコロンビア市場に売り込む。

コロンビアの炭鉱権益を獲得する。などなど。

 

と、こうした日本企業の奮闘ぶりは、25日月曜と26日火曜放送の

モーニング・サテライトでご覧いただくとして、、、、、、

 

 

↓は、コロンビアの首都・ボゴタにある、お花の市場。

 

 

四季がなく、一年中温暖な気候のコロンビアは切り花の名産地です。

カーネーションなど、日本に沢山、輸出しています。

 

南米から日本へ。そんな長ーい道のりを生花が運ばれて行くのね・・・

想像して、ボゴタの街を眺める。

 

 

 

 

「誘拐されないでね」

「麻薬とかゲリラとか、とにかくコワイ国なんでしょ」

って、来る前には、いろんな人に言われたけど、

行ってみたら、イメージ変わりました!

 

遠くて、本当に遠かった国が、実は今は・・・・・・。

コロンビアの今を、番組で感じてくださいね。