口癖を・・・


出来るだけ「暑い・・・」にしないように努めます。


こんにちは、野沢です。



暑がりの私にとっては非常に辛い季節が、もうそこまで来ています。



しかし電車の中は、通勤ラッシュ時以外は割に涼しく感じます。
女性にとっては、少々肌寒いくらいに。

電車で思い出しましたが、
夏の車内は涼しいのですが、問題は冬です。

寒いからできるだけ暖かい格好をしているのに、
なぜ車内はさらに暑いのでしょうか?

汗かいちゃいます。
暑がりの悩みです。




ということで、


ブログ更新企画!!


第4回は、  「小京都 金沢」



私の出身は金沢です。

参考までに。

和菓子や輪島塗、和紙や織物といった伝統芸能の盛んなところであり、
殊に金箔の国内シェアは99%を誇ります。


また、海の幸に恵まれていて、
甘海老 ・ 香箱蟹 ・ のどぐろが有名どころですが、
近海で獲れるもの魚は、どれも日本海の荒波にもまれてか、
身が引き締まり、その上脂がのっています。
メリハリのある魚という表現は変かも分かりませんが、
食べて頂ければその意味と魅力に気づかれると思います。
ただ最近では、能登牛というお肉も徐々にその名を広めつつあります。


米所でもある石川は、日本酒も有名です。
天狗舞 ・ 宗玄 ・ 加賀鳶 ・ 手取川など、
一度は聞いたことのある方もいるのではないでしょうか?


基本情報はこのくらいに。





今、横で
釣りといえばこの人!増田 和也先輩 が、

≪鯵≫の捌き方を必死に研究しています。
(もちろんお仕事の準備としてです)

「え?頭落とさないの?」

「いい包丁だなあ」

「俺もなあ・・・」

「ああ・・・」

収まりきらない独り言が感情こもって聞こえてきます。


増田さんは新潟の大学に通っていたらしく、
このブログを書いているのに気が付くと、
とても楽しそうに、北信越の素晴らしさについて話してくれました。

今度は≪鱸≫に狙いを定めているようでした。



ところで、金沢ではそろそろ≪鱚≫が釣れる時期でしょうか?



とてもきれいな魚です。

骨まで透き通りそうなその体と、分厚く弾力のある身は、

淡白でありながら香りだかく、

口の中に広がる甘さは素晴らしい余韻を残してくれます。


家族で、よく釣りに行ったのを思い出します。

夏の暑い時期に上半身裸で麦わら帽を被り、

慣れない餌付けに手間取りながら一生懸命に竿を振っていました。



その日は、今日よりもっと暑かったのを思い出します。

その時の口癖も、暑い!でしたが、今の自分とは違い、

どこか、汗をかくことを楽しんでいた気がします。






魚が食べたくなったところで。




失礼します。