アナの心得

今年の新人は女性二人。もえこん。
いいね、ういういしいぞっ


研修でアナウンサーの仕事について、教えているうちに

おもしろくなった。
書き留めてみよう。

 

 

 

 ①基本はナチュラルで!。

 


私が新人のスポーツアナウンサーだった時代。

 

「ネイルアート」が流行り始めた頃だった。
爪に、ド派手な色をつかって絵を描いたり、グラデーションをつけたり。


 

おしゃれは先取りしなくっちゃっ。

わーい。

 

夏だったし、やしの木を 描いてもらおう!
青い海と、青い空もっ

 

 

おおおおっ

 

指先が なんてトロピカル。
アートの世界だ。

 

 

大満足である。
得意満面である。

 

 

 

その夜、スタジオで。

 

 

「セリーグの勝敗表を確認しましょう!」

 

フリップを指でさした。

巨人が現在トップですね。

あとを追うのはヤクルトで最下位は・・・・


 

 

 

―そして番組終了後。


プロデューサーがやってきた。

「おい、ささき 」

 

 

はいはい。

 

 

「不思議だなあ~ お前の爪には、やしの木が生えるのか?」

・・・・・

 

「んぁ~?不思議だなあ。なんで爪が青いんだろうなあ?」

 

 

お、おこってるーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

 

どうやら、視聴者から苦情が来たらしい。

 

「あの女性アナウンサーの爪はなんなんだ!
爪に木が書いてあったり
青かったり(海よ 海!)おかしいと思わないのか。」

 

はい・・・。


プロデューサーは言った。

「お前と同世代のおしゃれな友達なら、かわいいとほめてくれただろうなあ
でも俺は、お前の爪見ると、とても違和感を感じるなあ」

 

 

すいませんっ・・・・


「いいか。テレビっつうもんは、男性 女性、子供からお年寄りまでいろんな人が見てるんだ。
お前はその爪で、緊急の重大な報道のニュースを読めるか?」

 

 

読めませんっ

 

 

「局アナは、誰からも受けいられるような誠実さや、清潔さが必要だと思うんだがなあ」

 

 

わ、わかりましたっ
1万円もしたけれど(涙)
明日すぐに落としてきますっ

 

 

こてんぱんに怒られて以来
私は、爪の色はピンクやベージュ以外 塗った事はない。

 


つめは本来のつめの色で。
メークはナチュラルに。

 


「自然な姿」が、好感度を高める第一歩かもしれない。