一日2万歩!

ブエナビスタを管理する、松田博資調教師。

 

毎朝、厩舎の周りを馬と逆方向に歩きながら、愛馬をチェック。

 

調教をチェックするためにスタンドまで行って戻ってくるのも、すべて徒歩!!

 

実に、一日2万歩!!

 

これだけ歩けば、体力は落ちず、健康的!

 

先生のお肌はつやつやです。

(写真を撮り忘れました・・・)

 

 

この松田先生のお散歩、ついて歩くと良いことが♪

 

健康的なのはもちろん、歩きながらいろんなお話が聞けるのです!

 

 

今週はブエナビスタについて聞き出すため、一緒に厩舎周りを歩くことに!

 

時刻はAM6:00。

 

この時期になるともう明るくて、じわじわと暑さが広がりつつある時間。

 

 

 

「先生、おはようございます!!」

 

「おう!また来たんか!」

 

 

恒例の挨拶を交わし、てくてくついていきます。

 

しかし、先生の歩くペースは・・・速い(><)!!

 

話しながら歩くと、息が切れ・・・

 

一周したところで、

 

 

「疲れたやろ?そこで止まってええよ。」

 

 

先生に気を遣わせてしまった・・・

 

大失態!!

 

しかも、先生、余裕。

(あ~写真がないのが残念・・・)

 

須黒、完敗です。

 

 

でも、お話しはたっぷり聞けました☆

 

前回や去年に比べてブエナビスタの状態はかなり良いようで、先生もご機嫌♪

 

馬の1年は、人間で言えば5~6年。

 

自分に置き換えて考えてみると、5、6年したら体力的にかなり変化がありますよね。

 

だから、馬にとっては1年間状態を維持するだけでも大変なことなのです。

 

ブエナビスタはG1を5つも勝っているわけですから、その状態が維持できている。

 

これってつまりは、まだまだ強いよ!

 

ということです。

 

 

松田先生は、G1の前だからといって変わったことは何もしません。

 

 

「うちはなんも変えん。」

 

 

これが先生の口癖。

 

いつも通りでも馬が自分で体を作る。

 

これは馬を信じているからこそ、言えるセリフなのですね。

 

 

「馬もジョッキーも信じなきゃな。」

 

 

何事も信念を曲げずに貫くこと、そして信頼関係を築くことって大切ですよね。