希臘

タイトルの漢字で、『ギリシャ』と読むそうです。

夏休みに行ってきました。

三十路を過ぎた男の一人旅というのは、一般的には奇妙なのでしょうか。

色々な方から、「大丈夫?」「寂しくない?」「疲れているの?」・・・などなど。

ご心配には及びません。私は大丈夫です。旅が好きなだけです。

 

遅ればせながら、写真でも。

  

ゼウス神殿。

 

神聖で、息を飲む美しさです。

そして、とにかく、スケールが大きい。

およそ40m×110m、柱の高さは15m。

ギリシャに数ある神殿の中でも、最大規模なんです。

完成したのが西暦130年頃とされていますから、

1800年以上経って形を残していることが信じられません。

 

ちなみに、ゼウスはギリシャ神話で語られる神々の中でも、最高神。

全知全能の神、とも言われていますね。

 

行きの飛行機でギリシャ神話の本を2冊読んで勉強したのですが、

ギリシャの神々は、神様といっても凄く人間臭いところがあって、

中でもゼウスは、なんと超がつくプレイボーイ。

気に入った女性がいれば、牛や白鳥、

あらゆるものに姿を変えて近づきます。

黄金の雨となって女性に降り注いだことも・・・

 

そんな話を知っていると、実に興味深く観光ができました。

 

有名なパルテノン神殿。

 

ギリシャに来たんだと実感した瞬間です。

 

そして、セイントセイヤ世代としては、大興奮。

コスモを感じ、セブンセンシズを高めておきました。

わからない方、すみません。

 

それにしても美しい。太古の人々はいかに建設したのやら・・・

 

観光客がひっきりなしに訪れていました。

しかし日本人はほとんどおらず、一人旅のムードは高まるばかり。

 

このパルテノン神殿より高台の、リガヴィトスの丘へ。

  

頂上から見た、アテネ市街。

景観を大事にしているため、高い建物はありません。

青空と白い建物のコントラストが見事です。

 

アテネからバスに揺られること3時間。

かつて宗教の中心地として栄えた、デルフィへ。

今も神々しい雰囲気を残しています。 

人々が神のお告げ、神託を受けていたアポロン神殿。

 

アポロン、名前だけは聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

竪琴と弓をもっていて、スポーツ万能、神々の中では最も美形だったそうな。

そして、実はゼウスの息子。

全知全能の神にも息子がいるのです。

ちなみに父はクロノス、母はレア。神様に両親がいるのかいっ笑

演劇祭が行われていた古代劇場。

ギリシャでは紀元前から、

喜劇や悲劇を楽しむ文化があったんですね。

 

雄大な山々。眼下に広がるオリーブ畑。紀元前から残る遺跡群。

まさに古代にタイムスリップしたような光景でした。

 

次回は、旅の最大の目的であるメテオラをご紹介。

もう少々お付き合いください。