いい商品でも発売タイミングを逃すとダメ

 おはようからおやすみまで!2月18日の「THE TOP LINE」はライオンの藤重貞慶社長です。

 ライオンは主力の家庭用品「トップナノックス」や新製品「バファリン風邪EX」などが好調で、2010年度決算は経常利益・営業利益ともに過去最高を記録。
 東京都江戸川区にあるライオンの研究所で藤重社長にヒット商品の実験を見せていただきました。「バファリン風邪EX」は、今まで水に溶け辛かった成分に様々な加工を施すことであっという間に溶けやすくなる、「すぐに効く」秘密を見せていただきました。「トップナノックス」はナノレベルで汚れを分解し浮き上がらせる。本当に想像を絶する分解力なのですよ!技術の進歩に目を見張り藤重社長に質問攻撃!しつこい訪問者に丁寧に解説してくださいました。
 家庭用品はCMやパッケージの「キャッチコピー」を見て何となく心に響いたものを選んで購入していましたが、この「キャッチコピー」の裏側に開発者の並々ならぬ努力があるということを肝に銘じます。

 ライオンがヒット商品を生み出す秘密の1つに「マーケティング力」が挙げられます。社員が主婦の買い物に同伴するなど、消費者に密着した調査。それに加え"タイミングの妙"が特徴です。液体コンパクト洗剤「トップナノックス」は、まだ粉洗剤が主流だった2008年に開発されましたが、発売は液体洗剤の売り上げが粉洗剤の売り上げを上回るようになった2010年。「せっかくどこよりも早く開発したのに、開発者は早く市場に投入してくれとヤキモキしていたのでは?」と尋ねると「その通り!」と。開発者には申し訳ないが、タイミングが重要なのだと。かつてどんなに先進的なすばらしい商品を作っても、早すぎて売れないという失敗を重ねた経験が今の"マーケティングの妙"を生んだようです。

 私は誕生日のプレゼントを事前に用意していても、待ちきれず前日に渡してしまう程の
 せっかちさんです。焦らずじっくり待つという事も大切なのですね!