名古屋グランパス

名古屋に行ってきました。

 

目的地は・・・

 

2010年、悲願のJリーグ初制覇!!

名古屋グランパスのクラブハウスを訪ねました。

 

グランパスはJリーグ創設の年から参加している、いわゆる「オリジナル10」のクラブです。

 

クラブOBでもある、ピクシーことストイコヴィッチ監督3年目の今季。

その戦術、哲学が浸透したチームは他を圧倒しました。

 

 

「シーズン23勝」

「勝点72」

「2位との勝ち点差10」

いずれも現行制度になってから最高の成績(勝点はタイ記録)です。

 

 

 

この日はリーグ戦後のOFF明け初日ということで、軽めのメニュー。

フィジカルの調整とボールコントロールのトレーニングでした。

 

結果が出ているチームだから当然と言えば当然かもしれませんが。

メリハリの利いた雰囲気で、終始和やかなムード。

メニューによっては笑顔も見られ、ワイワイ盛り上がっています。

 

某選手が軽いボケを見せると、周囲の選手がいっせいにコケルなど。

素晴らしすぎるチームワークを発揮していました。

 

 

ストイコヴィッチ監督は残念ながら、チーム始動初日は不在でした。

ニュースにもなっている、あの欧州の大雪で飛行機が飛ばなかったようです。

 

しかし、練習から監督の「サッカーは楽しむもの」という指導哲学を垣間見ることはできました。

 

 

現役時代、世界屈指のプレーヤーであり、カリスマ的な存在だったストイコヴィッチ監督。

他のクラブも羨む豊富な戦力をまとめ上げた手腕は見事といえるでしょう。

 

 

そんなチームにおいて、生え抜きの中村直志選手。

そして加入6年目の増川隆洋選手。

この2人にサッカーTVプレミアムは注目しました!!

 

プロ入り10年目の中村選手のキャリアは、そのままグランパスの歴史とも言えます。

2005年に加入した増川選手は、その年に降格争いを経験。

低迷期からチームを支え続けた選手なのです。

 

 

この2人から見た、チャンピオンチーム・グランパス。

そしてストイコヴィッチ監督。

それぞれの選手としての想い。

 

2人のインタビューの模様は12月23日(木・祝)のサッカーTVプレミアムで放送予定。

BSジャパンで23時から放送です。

 

 

 

それにしても、サポーターの多いこと多いこと。