遅ればせながら、あけましておめでとうございます!

 

今年も何卒よろしくお願いします!

 

さて、毎年自分の中で恒例となっている、干支にまつわる初詣。

今年で3回目です。

 

未年ということで訪れたのは、その名も・・・

愛知県名古屋市の、羊神社です。

 

時は奈良時代。群馬県の、かつて多胡群と言われていた地に、

『羊太夫』という領主がいたそうな。

その羊太夫が、

奈良の都へ上る時に立ち寄っていた縁の屋敷が名古屋市にあり、

この土地の人々が平和に暮らせるよう、

羊太夫が火の神を祀り、羊神社になったと伝えられています。

 

元日の昼間なら神社も新幹線も空いているはず!と、

意を決して弾丸で名古屋に向かいましたが、ご覧の通り。

年末にニュースやインターネットで取り上げられていたようで、

私と同じく羊にあやかろうという方々が列をなしていました。

写真の右手、地元のTV局が中継の準備をしていました。

元日から、お疲れ様です!!

 

30分ほど並び、いよいよ境内へ。

手水舎に早速羊。愛らしい。

足下を見れば、ここにも羊。 

拝殿の前で目を見開く、大きな狛”羊”!

未年の元日からこれだけ羊に囲まれると、ご利益ありそうです。

とんぼ帰りでも、来て良かった。

 

来年は申年。

猿にまつわる神社は多そうなので今から楽しみです。

 

皆様にとって、前途”羊羊”な一年でありますように。

改めまして、番組ともどもよろしくお願いいたします!!