3冠、達成!!

心が震えるようなレースでした。

 

 

史上7頭目牡馬クラシック3冠を達成した、

 

オルフェーヴル

 

 

そのレースぶりは、まさに圧巻。

 

初めての3000mという距離、気性面の難しさ、最後の1冠を狙う対抗馬・・・

 

様々な不安をものともせず、

 

直線を向いた瞬間先頭に立ったオルフェーヴルは、そのまま後続を寄せ付けず、

 

大歓声の中先頭でゴールを切りました。

  

 

京都競馬場を埋め尽くした、およそ7万人のファン。

 

ゴール直後に聞こえてきたのは、

 

「池添!池添!!」

 

と、3冠ジョッキーを称える声。

 

7万人が心をひとつにして、3冠馬の誕生を祝いました。

 

 

3冠を期待され、かなりのプレッシャーを抱えていた池添騎手。

 

ゴール後にはデビュー戦と同じように、オルフェーヴルに振り落とされるというハプニングも!!

 

それでも、

 

「僕とオルフェーヴルらしいですね。」

 

と、笑顔。

 

池添コールが起こったときも、

 

「こいつを褒めてくれ!」

 

と オルフェーヴルを指さしていたのが印象的でした。

 

ずっと一緒に戦ってきた絆が3冠という結果につながったのでしょうね。

 

 

記念に3冠ポーズ☆写真を撮っていただきました~!

 

 

笑顔があふれる、オルフェーヴル陣営。

 

管理している池江調教師は、

 

「謙一(池添騎手)とオルフェーヴルの力を信じているから」

 

と、パドックで池添騎手に声をかけたそうです。

 

まさにその言葉に応える走りを、見せてくれました。

 

 

来年は、凱旋門賞に挑戦!!

 

と今後のプランを発表した池江調教師。

 

オルフェーヴルはこれから、まだまだ私たちに感動を与えてくれそうです。

  

 

レース後、池江調教師の元に行くと・・・

 

「ずっと持っていたんですよ」

 

と、これを見せてくれました。

 

史上2頭目の3冠馬、シンザンのポスターです。

 

ディレクターが見つけ、先日の取材時にお渡ししていたんです。

 

何年か前に作られたこのポスターは、ずっと先生の心に刻まれていたとか。

 

「シンザンが僕たちに挑戦してきているようで・・・」

 

 

まさか持っていてくれたとは。

 

帰り際、

 

「凱旋門賞を勝てば、超えられるかな・・・」

 

と笑顔で言い残した先生。

 

いつか超える、その日はそう遠くないかもしれません。