もみ合い。

 

NYでマーケット番組を担当し始めた頃

聞きなれない言葉に、驚いたものだ

 

 

「今日の株式相場、ダウはどんな展開でしたか?」

解説者に質問するでしょっ

 

すると、

 

「今日は終日、もみ合いとなりました・・・」

 

 

も、もみ合いっ?

もみ合いですかっ?

もみ合うのですか?????

 

 

だ、誰と誰がも、もみ合うのですか?

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

表現がっ

 

変ですからーーーーーーーーーーーーー。

 

日常会話でこんな表現、使いませんからーーーっ

 

 

私は、正しい日本語の担い手であるっ

誰もが聞いてわかる表現や、言葉を使わねばならないっ

 

頭を抱えていると、

 

「そうよね~変よね~、マーケット用語って独特なんだよね」

 

M姉が、笑って賛同してくれたものだ。

 

 

だが、

どの世界にも、「専門用語」というものがあるっ

 

結局、私は仕事上、これらの表現と付き合っていかねばならないわけで、

 

 

毎日、相場とにらめっこするうちに

ニュアンスはわかってきた。

 

 

ようは、株価が一定の 範囲を行ったり来たりを繰り返している相場をさすわけで、

 

 

 

「何なんだよ、お前、ユーロが不安だろっ 株買える状況かよっ」

 

「何言ってんだよ、アメリカの景気は 案外いいんだよ。QE3もあるぜっ。

決算みろよ、いまは買いなんだよっ」

 

 

なーんてかんじ。

うんうん、いい材料・悪い材料同士が ケンカしてもみ合いになってるイメージだね。

 

 

 

最近はもみ合いというより

日経平均は、朝、大きく下げるか上げて、そのまま終日、動かない日が多い

 

 

アメリカ時間とユーロのちょうど間の時間帯。

 

 

国内に材料があまりないなら、

東京時間は投資家にとって、休みをとる時間なのかもしれないね。