スポーツ記 柔道グランドスラム編

12月の4、5、6日と
東京体育館で”柔道グランドスラムTOKYO 2015”が開催されました!

ワールドツアーの一戦であるこの大会は、世界の強豪が多数参戦する舞台。

オリンピック代表選考に大きな影響を与える大会なのです。


そんな重要な大会で、私は2日目のリポーターを担当。

コマツ所属、ロンドンオリンピック銀メダリストの杉本美香さんとご一緒させて頂きました。とっても気さくで素晴らしい方でした...!!


試合前の練習場で、選手の緊張をほぐしながら意気込み取材する姿は

とても格好良く、感動すら覚えました。見習わせて頂きます。


様々な名勝負が生まれた今大会でしたが、

なかでも女子70kg級の決勝戦は、身体が震えるほど感動しました。

"新井千鶴 vs 大野陽子" 選手の対決。

世界ランク9位 vs 講道館杯覇者の戦いは、4分で決着がつかず

ゴールデンスコアへ突入。


お互い技をかけ合うも決まらず

スタミナが減っていくなか、意地と意地がぶつかり合い。


最後は、大野選手に指導が入り...

激戦を制したのは新井選手となりました。素晴らしい試合だった...!!


この試合のダイジェストはこちらでどうぞ(実況は森田アナ)

http://www.tv-tokyo.co.jp/judo/judogs2015/match/20151205-M2-52/

是非ともご覧ください。



私もいつか実況席に座って

放送の一部になりたい!と強く思いました。がんばるぞ!!!