THE BEST OF BEST

大晦日の常識を変える!!ボクシング戦争、宣戦布告!!

 

 

かつてボクシングの世界王者と言えば、時代のヒーロー。日本の誇り。

 

平成23年12月27日現在、日本ジム所属の世界チャンピオンは8人います。

同時に8人もの世界チャンピオンが並び立つのは史上最多の人数。

 

白井義男さんが1952年に日本人で初めて世界のベルトを巻いてから59年。

直近、今年11月にチャンピオンになった山中慎介選手(帝拳)が69人目。

 

 

はて・・・これだけのボクシング大国なのに。

ボクシングファンで無い人々に、どれだけ現役のチャンピオンが知られているか。

限りなくチャンピオンに近い、数多の予備軍がどれ程知られているのか。

 

理由はいくつも浮かんできますが・・・。

もちろん我々、ボクシングを伝える立場の人間の創意工夫の足りなさもあるでしょう。

 

 

そんな現代社会において、これだけは言いたいのです。

 

大晦日、テレビ東京の中継するボクシングは、本当にすごいんです!!!

THE BEST OF BEST」のタイトルはハッタリでも何でもなく、事実!

 

 

 

ご覧ください。

 

全て同じ、12月31日の興行のポスターです。異例です。

主催するジム側の気合の入り方も尋常ではありません。

 

異例ついでに。

 

アンダーカードに出場する若手のポスターまで!!

将来、世界挑戦は間違いないであろう、期待の若手の2人。

並々ならぬ将来への期待、そして大晦日興行への気合!!

 

 

 

ここ最近、永いこと「紅白の裏は総合格闘技」という流れがありました。

確かにそれも面白いんです。確かに。そうなんです。

 

でも・・・でも・・・。

 

ついに時代が来ました!ボクシングなんです!!

 

 

スーパーフェザー級の絶対王者・内山高志選手が強すぎるのは言うまでもありません。

その強すぎる内山チャンピオンが、キャリア史上最強の敵と戦うのです!

ケガで長期休養を強いられた内山チャンピオン、復帰戦でいきなりピンチか?!

 

そしてダブルタイトルマッチ、もう一つの世界戦で王座に挑むのは細野悟選手。

取材で練習を観ましたが、凄みを増した剛腕ぶりがハンパじゃないのです!

 

ただ、相手のチャンピオンは、これまたとんでもない猛者なんですよ。

およそ57kgの階級で180cmの長身、そしてキャリアも十分!!

強いチャンピオンを倒してこその、世界のベルトですが・・・。

こんなに強い相手に挑むとは!!男気溢れすぎです!

  

報道陣の注目も非常に高まる中、スパーリングを公開した細野選手。

 

一般的には世界戦の前は、みんなピリピリするものなのですが。

いつもと変わらない雰囲気で、ほんわかしているのも細野選手の魅力。

まぁ、それでいて放つパンチの強烈なこと。

 

写真の右、シルバーのウェアが細野選手。

相手は同僚の日本スーパーフェザー級チャンピオン・岡田誠一選手。

岡田選手も同じ日に防衛線を行います。

 

 

ワタナベジムはチャンピオン内山選手。

そして柴田明雄選手と梅津宏治選手の元日本チャンピオンコンビ。

大橋ジムからは世界に挑む細野選手、岡田選手。

全日本新人王の原選手に、期待の超新星・松本選手のデビュー戦。

他、元東洋チャンピオン・カシアス内藤さんの子息、内藤律樹選手なども登場。

 

 

これでもかという、豪華なラインナップ!!

テレビ東京ボクシング班も総力を挙げて臨みます!

 

2011年12月31日(土)夜9時30分から観戦生放送!!

THE BEST OF BEST

 

尚、事前に特番も放送されます!是非ご覧ください!!