3D・・未来のTV


今日のテーマは3Dテレビ。
アバターの人気で火がつきましたが、その勢いは、
どうやら私達の想像を超えて、進化しているようです。

パナソニックが今日発表したのは、世界初の
フルハイビジョン「3D対応テレビ」
会場は、とにかく、ものすごい熱気。
久しぶりにテンションが上がってしまいました
各テレビ局の取材陣も来ていて、
一緒に写真に写っているのは、テレビ朝日の富川アナウンサー。
昔から、仲良くしてもらっていまして・・現場では
久しぶりの再開に思わず興奮してしまいました☆


この「3Dテレビ」
わざわざ眼鏡をかけて、数万円プラスアルファしてまで
購入する価値があるのかしら・・当初は半信半疑でした。
しかし。
やはり、実際体験すると・・予想以上の臨場感に感激。
これは、コンテンツさえ普及すれば、
テレビの大きな転換期になる代物だ・・(ちょっと上から目線ですが)笑
と感じました。

そのコンテンツも、わざわざ3D専用の映像を作るとなると、
莫大な時間とコストがかかってしまいますが
今日取材に行ったビクターの機器(残り2枚の写真)を使用すれば
既存の映像も簡単に3Dに変換することが可能で、
将来的には、その機能をテレビの中に組み込んで、
自宅で好きな番組を3Dで楽しむことができる・・何てことも可能になるそうです。

「もうすぐ、そういう時代が来る!」
「3年後には、大型液晶の8割が3D対応に置き換わっている・・」
メーカーの皆さんの力強い言葉がとても印象的で、
なんだか本当に実現してしまいそうな、そんな気がしています。
これからのTVの未来、大注目です!