ソチへ vol.3

ソチオリンピック開幕まであと一週間!

先日、スピードスケート日本代表がソチへと旅立ちました。

前回のバンクーバーでは3つのメダルを獲得し、
今回も前回以上のメダルに期待がかかっています。

どの選手の顔にも、緊張より期待の色がみなぎっていたのが印象的でした。


中でも注目は、小平奈緒選手


バンクーバーでは団体パシュートに出場し銀メダルを獲得。

個人では500m、1000m、1500mの3種目に出場しましたが、
あと一歩のところでメダルを逃しました。

その結果が悔しくて、終わった瞬間から4年後のことを考えていたという小平選手は、これまでスケート浸けの日々を過ごしてきました。

「悩むことがあっても、リンクに立てば全て忘れてしまうんです。
それくらい、スケートが大好きなんです!」

試合では凛としたかっこいい滑りを見せる小平選手ですが、スケートについて語る表情はキラキラしていて、同性でもドキッとしてしまうほど魅力的!

ソチでの目標は、

「最高の滑りをして、最後にナオスマイルを見せること!」

小平選手の可愛い笑顔が、ソチのリンクではじけることを期待しています☆


そして、こちらも注目!女子パシュート!!


前回バンクーバーでは銀メダルを獲得した日本代表。

しかもそれは、金メダルまであと0.02秒。

距離にしてわずか26.25cmという、とても惜しい銀メダルだったのです。

今回はオリンピック5度目の出場となる田畑真紀選手を中心に、
新しいメンバーでさらなる高みを目指します!!

田畑選手以外の菊池彩花選手高木菜那選手押切美沙紀選手は全員オリンピック初出場。

でも心配はいりません!

すでにこのメンバーで今シーズンのW杯開幕戦2位に入っているのですから!

コーチも、

「パシュートは個人の後にあるから、少し緊張がほぐれた中で滑れる。きっと良い結果につながると思います。」

と太鼓判!!

息の合った滑りで、表彰台をつかみ取ってくれるでしょう☆

それにしても見所満載で、困っちゃいますね!!