WBA世界ミニマム級タイトルマッチ!

いよいよ2度目の世界挑戦が決まりました!

 

 

 

現・日本ミニマム級チャンピオンの八重樫 東(あきら)選手。

 

10月24日 WBA世界ミニマム級タイトル挑戦が決まり、

王者ポンサワン・ポープラムック(タイ)の写真を手に余裕の笑顔です!

 

 

八重樫選手は岩手県北上市出身の28歳。

トップアマからプロ入り、抜群のスピードとフットワークで、07年6月には当時史上最速となるプロ7戦目で世界挑戦しましたが敗れベルト奪取はならず、顎を骨折する大けがをしました。

 

 

リング下で見つめていた私にとっても、拳の当たる音がまだ耳に残るくらい衝撃を覚えた一戦。(もーあれから4年経ったかぁ) と思いながら、八重樫選手を眺めていました。

 

 

 

「4年間は長く感じた。でも遠回りしたからこそあの頃にないものを今は持っている。メンタル面が強くなったし、いいキャリアを積めたと思っている。」

 

いつものはにかむような表情から一転、一点を見つめるように語りました。

 

あれから4年。どん底から這い上がってきた男も、今や2児の父。

愛する家族のため、震災で大きな被害を受けた地元・東北を勇気づけるため、

そして己のために「勝たなければならない試合」に挑みます。

 

 

 

 

 

聖地・後楽園ホールで行われる今回の世界タイトルマッチ。

師である大橋会長も運命めいたものを感じていました。

 

というのも、90年2月、当時の大橋秀行選手がWBCで世界チャンピオンになったのも、同じ後楽園。そして八重樫選手と同じミニマム級(当時のストロー級)でした。

 

「実に感慨深い。20年前の縁を感じている。(試合は)王者は右クロスとか一発が怖いファイターだが、八重樫とはかみ合う相手。迎え撃つようなボクシングで勝ってほしい。」

 

と、会長もエールを送りました。

 

 

 

世界チャンピオンを義務付けられた男、八重樫アキラ!頑張れ!!

 

中継へ向け、取材を重ねてまたここでお伝えします!

 

 

 

運命の一戦は10月24日ゴールデンタイムで全国生中継です!