Story ストーリー

 

第48話 愛の行方

クァンヒョンはチニョンの実父ペク・ソックに大きな手柄があることを思い出す。昭顕世子の殺害事件。ペク・ソックはその真相を偶然知り事件に関わった者を告発したため、逆に濡れ衣を着せられ殺されたのだ。その手柄が認められればペク・ソックの身分が上がり、娘も使用人にならずに済むだろうと、顕宗に話すクァンヒョン。しかし、昭顕世子の事件を公にする訳にはいかない。そこで、顕宗はあることを思いつくのだが…。

フォトギャラリーピックアップ