これが神の魚だ!バラマンディ豪州・前編


番組概要


神の魚「バラマンディ」。バラマンディとはオーストラリアの先住民族アボリジニの言葉で「大きな鱗を持つ魚」という意味。そしてアボリジニの間ではその昔から「神の魚」と呼ばれ、崇められていた。

姿形は日本のアカメとほとんど同じで、銀色に輝く鎧のような鱗をまとい、ルビーのように怪しく赤く光る目を持つ。バラマンディの生息域は広く、海水域、汽水域、淡水域どこにでも生息する。また、小魚を捕食するフィッシュイーターのため、ルアーフィッシングのターゲットとして、オーストラリアでのゲームフィッシュとしての地位は高い。

今回、神の魚「バラマンディ」のメーターオーバーを求め、オーストラリア・ケアンズへ旅だったのは村田基と児島玲子。ケアンズ郊外のジョンストンリバー、ディントリーリバーでバラマンディに挑む。もちろん、バラマンディ以外の魚も二人を待っていた。

オーストラリア釣行第1弾。


データ


放映日 1999年3月6日
ロケ日 98年12月13〜18日
釣れた魚 バラマンディー・マングローブ ジャック
アーチャーフィッシュ(鉄砲魚)
場所・ポイント オーストラリア ケアンズ近郊、デイントリー・リバー
出演者&ゲスト 村田基児島玲子
使用ロッドほか (1)
ロッド:スコーピオンXT1652R
リール:スコーピオンアンタレス
ライン:ナイロン20ポンド
リーダー:ナイロン50ポンド

(2)
ロッド:スコーピオンXT1582R
リール:スコーピオンアンタレス
ライン:リバージナイロンルアーライン20ポンド
リーダー:ナイロン50ポンド
ルアー:スコーピオンオシアファットミノー9cm
問い合わせ先 トレードウィンズ:03−3272−1764
http://www.superfishing.com/ad/twinds/


インデックスに戻る