キャスト

寺脇康文 Yasufumi Terawaki

寺脇康文 Yasufumi Terawaki

1962年 / 大阪府出身 / O型 / うお座

■My First Music
「鉄腕アトムのテーマ」。
物心ついた頃からアトムが大好きで、
服から靴からあらゆるグッズにアトムの絵がついているものを買ってもらっていた。
おそらく生まれてから最初に書いた絵もアトムであり、
一番最初に唄った歌は、この曲でしょうね。

■My song, My life
サザンオールスターズとビートルズが大好きで、
一曲を選ぶのは大変難しいので、役者の歌から一曲。
大好きな松田優作さんの、「ヨコハマ・ホンキートンク・ブルース」を挙げたいと思います。

■My Dinner(晩餐)
なぜか、オキナワ料理が大好き。
島らっきょとヤギの刺身、そしてアワモリがあれば最高!!

川井郁子 Ikuko Kawai

川井郁子 Ikuko Kawai

1968年 / 香川県出身 / B型 / やぎ座

■My First Music
ヴァイオリンに初めて出会った「ブルッフのヴァイオリン協奏曲」。
6歳の時、リビングで洗濯物を畳む手伝いをしていた時に聴きました。
途中手を止めて聴き入りました。
それから半年間、両親に頼み続けて、ついにその年の暮れに、
父が小さなヴァイオリンケースを抱えて帰って来ました。
その蓋を開けてヴァイオリンと対面した瞬間のときめきと感動は、
今でも鮮明に覚えています。

■My song, My life
「レッドヴァイオリン」。
いろんな意味で音楽活動の転機になった曲です。
音楽をやり続ける必然性を見失いかけて、無気力になりかけていた時に、
ピアソラの音楽に出会ってジャンルに囚われずに自分の音楽を作ろうと決心しました。
その直後、CDデビューのチャンスにあたって、
周りの意見に惑わされないで決意を貫くのは大変でしたが、
その時生まれたCD「レッドヴァイオリン」を手にした時は、
「自分の分身」を産み落とした愛おしさでいっぱいになりました。
それが、第二の音楽人生のスタートになりました。

■My Dinner(晩餐)
いつ食べても飽きないのが、故郷の「讃岐うどん」です。
ねぎ、生姜、ゴマをた~っぷり入れます。
あと、美味しそうに食べる子供の顔を見ていると、満たされた楽しい晩餐になります。

映画評論家 Film reviewer

芝山幹郎

芝山幹郎(しばやまみきお)

映画評論家・翻訳家
1948年、石川県金沢市生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。72年、詩集「晴天」を刊行。
その後、アメリカ文化や映画への深い知識に裏打ちされた独自のスポーツ評論、映画評論を展開。
とくにアメリカ映画に関しては第一人者で、「週刊文春」のシネマチャートの鋭い論評も絶大なる信頼を得ている。

【主な著書】
「映画は待ってくれる」「映画一日一本DVDで楽しむ見逃し映画365」「アメリカ映画風雲録」
訳書に「不眠症」「ニードフル・シングス」(原作:スティーヴン・キング)、「Me――キャサリン・ヘプバーン自伝」など。

渡辺祥子

渡辺祥子(わたなべさちこ)

共立女子大学文芸学部 映画専攻。卒業後、雄鶏社「映画ストーリー」編集部入社。
PR誌編集長を経てフリーのライターとなる。
現在、映画雑誌、新聞などで映画紹介、批評を連載。
趣味はお料理作りと花(牡丹が好きです)を咲かせること。

清藤秀人

清藤秀人(きよとうひでと)

オードリー・ヘプバーンのNO.1ファンを自認する映画ライター。
著書に「さよなら妖精」(KKベストセラーズ)「FUNNY FACE」(マガジン・ハウス)「オードリー・ヘプバーン・スタイル」(近代映画社)他。
TV TARO、TVガイド、スクリーン等に執筆の傍ら、J-WAVEに映画コメンテーターとして出演。

竹内伸治

竹内伸治(たけうちしんじ)

元アスミックエース宣伝部長
製作・配給映画会社「アスミックエース」の宣伝部長として「雨あがる」「ピンポン」をはじめ数々の作品を手がける。
宣伝の視点から名作映画の公開秘話を語る。

白木緑

白木緑(しらきみどり)

日本経済新聞・文化部記者
日経文化欄の担当記者。これまで海外含め数多くの映画人に取材。
名作のデータ情報など、映画史における位置づけなど客観的な視点から語る。